スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
【温泉】小天温泉 那古井館
那古井館に宿泊しました

熊本県玉名郡にある「小天(おあま)温泉 那古井館」に宿泊しました。
小天温泉は、夏目漱石の「草枕」のモデルになった地で、那古井館は蟹料理が自慢のお宿です。

こぢんまりとしたお宿でかなり古い建物ですが、手入れがとても行き届いていました。
こぢんまりとしたお宿です

エントランスには夏目漱石の句碑。
(´-`).。oO(  温泉や 水滑らかに 去年の垢  )
夏目漱石の句碑

お宿に到着すると、早速若女将のお出迎え。着物姿の若くてきれいな女将(*^-^*)
ちょっとした古民家カフェのような空間に通され、こちらで宿帳記帳です。壁には一面に昭和スターの映画ポスターがズラリ。レトロな雰囲気満点。
まずはちょっとご休憩を…

古いお宿なのにあちこちに手が入れてあって、居心地の良い空間にしてあります。翌朝の朝食もこちらで頂きました。

「お茶になさいますか?温泉水になさいますか?」
温泉水!でおもてなし

温泉水でお願いします( ´`) ノ 「きなこちゃん」というたいそう懐かしい味の素朴な飴ちゃんが一緒に出てきました。
無味無臭の非常に飲みやすい温泉水をゆっくりと頂いたあと、仲居さんに案内されてお部屋へ。
施設は非常に古い感じですが、お部屋はきれいに手入れされています。
古いけどきれいなお部屋です

今回は1泊12,000円の比較的安めなラインで宿泊したにも関わらず、お部屋はなんと二間続き!ひろっ!!Σ(´д`*)
二間続き!

お宿につきもののお茶請けは「牛蒡せんべい」。ごぼうの風味満点!
たいていのお宿は甘いお菓子が置いてあるような気がしますが、こちらは塩味のお菓子でちょっと新鮮♪
お茶請けはごぼうせんべい

お茶を飲んで一息いれたところで、さて、ちょっとぶらぶらしてみましょう☆

先ほど温泉水を頂いたお食事処へ通じる廊下の手前に、ちょっとした休憩スペースがあります。
レトロな映画ポスターがずらり

朝にはこちらに新聞が並んだりするのですが、ここも壁には一面に昭和映画のポスターが。レトロな雰囲気を大事にしているんでしょうね。

年配のご夫婦は、ここの椅子に腰掛けて、思い出話に花が咲いたりするのではないでしょうか?
玄関には漱石様が!

そして当然、玄関には漱石様。
ちなみに小天温泉の近くには、その名も草枕温泉という温泉もあります。漱石とは切っても切れない土地柄なんですね。
手入れの行き届いたお庭

お庭も決して広くはないのですが、すごく手入れが行き届いたきれいな空間です。この日もちょうど庭師さんが入っており、私たちの到着時にはお帰りになるところでした。

写真では分かりにくいのですが、飛び石の奥の砂利は、まるで枯山水のように模様が入れてあります。
雨が降ったり、人が歩いたりして乱れるでしょうから、きっと毎朝新しく模様を入れなおしているんだと思います(*゚д゚*)
蝋梅の実

庭には見たことがない実がなっていて、あとで若女将に尋ねると、蝋梅(ろうばい)だということ。こういう質問にさらっと答えて下さるところも、当然なんだけど好感度があがりますね。

お腹がとても空いていたので、夕食は早めにして頂きました。今回は部屋食です。
部屋食の場合、お宿の規模によっては熱いものが熱い状態で出てこないこともあるのですが、こちらはお宿の規模が小さいので問題ありませんでした。

 <お品書き>
  小鉢:空豆の翡翠煮
  お吸い物:海老真丈の清汁仕立
  お造り:三種盛り
  焼き物:鱸のソテー アンチョビソース
  蒸し物:茶碗蒸し
  蓋物:太刀魚の煮物
  揚げ物:ズワイ蟹の天ぷら コチジャン味噌
  酢の物:ワタリ蟹
  ご飯・香の物
  止め椀:赤出汁仕立
  デザート

やっぱりビール

コチュジャン味噌で新感覚

こちらの宿お得意の蟹料理、今回は「ズワイ蟹の天ぷら」。
普通天ぷらというと天つゆかお塩で頂きますが、なんとコチジャン味噌!韓国風にサンチュに包んで、コチジャンを付けて頂きます。
アンチョビソース(゚д゚)ウマー

お造りが出たかと思えばコチジャン、そして今度はスズキのアンチョビソース。世界の味めぐりコースみたい(´∀`)
太刀魚ぐるぐる巻き

煮物の太刀魚は、ものすごい技術でくるくると巻いてあります( 'o')
この煮物は濃い目の味付けで、ご飯と一緒に出して頂いたので、満腹だったにも関わらず思わずご飯を完食してしまいました(^^;

最後の締めは黒胡麻アイス。
ボリュームたっぷりの夕食だったのに、残さず全部食べちゃったヽ(=´Д`=)ノ だけど温泉旅行ですからね、気にしない!
黒胡麻アイス☆

さて肝心のお湯ですが、こちらのお宿は温泉がとっても良い!!
無味無臭でまったくクセのないお湯なんですが、なんとも優しいんです。

かけ流しのお湯は38度くらいなんだそうで、少し沸かしてから使っておられるとのこと。
2つある湯船は、1つがぬるめ、1つが適温(つまり熱くない!コレ大事!)。ぬるめのお湯が好きな私には天国のようなお風呂(*´∀`*)

お湯は飲用も可能で、湯の湧き出し口にコップが置いてありました。
また小さなことなのですが、脱衣所にタオルがたっぷり用意されていて、何枚でも使えるようになっている!ありがたいですね♪

お風呂の施設自体はこれまた大変古く、近頃よく作られているこじゃれたな雰囲気ではないのですが、きれいに清掃されていい感じ。
露天もありませんが、窓の外にはちょっとした石灯籠が見えるようにしてあって、居心地の良い空間を作ろうと努力されているようです。

とっても良いお湯だったので、翌朝からも勿論入ってきました。
こちらでは夜にいったんお湯を全ておとし、朝6時半頃から新しく沸かしたお湯をためていくそうです。

午前9時頃に朝風呂に入りましたが、このときの温度がまたたまらな?い☆
昨夜よりもさらにぬるい!多分朝が一番ぬるくて、だんだんお湯が入れ替わっていって、夜には適温(しつこいけど熱くない)になるんでしょうね。
いやー、ここのお湯、本当に良かった…・:*:・(*´ー`*)・:*:・
味のある廊下

朝起きて、味のある廊下を通ってお食事処へ入ると、まるで夕飯のような朝食が用意されていましたΣ(´д`*)
旅館の朝ごはんって、たいていどこでも品数も多くて食べきれない!と思うけど、ついつい全部食べちゃうんですよね。

今回も例に漏れず完食!朝食から鯛のカマ焼きですよ。マジウマですよ。
いやー、良いお宿でした(´・∀・`)

私たちが宿泊したお部屋は和室でしたが、他にも洋室や露天付きのお部屋など、いろんなタイプのお部屋があるようです。

ひとつだけお宿にお願い。
夜、お風呂からあがったあとに冷たいお水が飲みたかったのですが、自販機もないようだったのでガマンしちゃいました(´д`)
お部屋に氷水を用意しておいて頂けると嬉しかったな?☆
晩御飯みたいな朝食!


●小天温泉 那古井館
 HPはこちら
スポンサーサイト
【2006/06/06 23:00 】 | 温泉 | コメント(4) | トラックバック(0)
<<【見どころ】高瀬裏川 花しょうぶ祭り(熊本県玉名市) | ホーム | 【おやつ】ロイズ ポテトチップチョコレート>>
コメント
いいわね~
素敵な旅館ですね。こういう雰囲気は好きです。
12,000円で2間続きなんて豪華~~v-344
お料理もよさげ、お風呂もいいし、
こりゃ行ってみたくなりました。
【2006/06/12 23:54】| URL | bali #MEc8d.eI [ 編集 ]
baliさんへ
こんにちは!v-257
那古井館、実はテレビの旅番組で紹介されていたのがきっかけで行ってみたのですが、コストパフォーマンスが高いお宿でした☆
とにかく古いんですけど、漱石ゆかりの地って言われると、古いのもまた味になるところが不思議v-20
【2006/06/13 09:07】| URL | 7e3もぐもぐ #- [ 編集 ]
7e3もぐもぐさん。おじゃましまーす(笑)
私、天水にはたまーに行くんですよ~
大衆浴場の草枕温泉の方には…
(↑施設自体も綺麗だから好き◎)
あの辺、緑あり海あり
景色もお湯もいいですよね。
でも那古井館は、行った事ありませんでした。
私は「ご一行様、いらっしゃーい」みたいな
大型旅館より、古くてもお掃除がキチンと
行き届いてるようなお宿の方が
断然好きですね~☆静かで落ち着くし^^
お料理も和洋折衷の創作料理っぽくて
いいですね。
あ~。温泉でゆっくりしたくなりました☆
【2006/06/13 18:52】| URL | くまころ #- [ 編集 ]
くまころさんへ
くまころさん、こんにちはv-22
草枕温泉は「てんすい」ですね!私はまだあちらには行ったことがないのですが、良い評判ばかり聞きます。
近頃玉名づいてるので、今度行ってみようっと!v-10
【2006/06/13 20:30】| URL | 7e3もぐもぐ #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。