スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
【一次会】七輪屋
水曜日はNGだ・・・

久々に、熊本市上乃裏にある「七輪屋」へ。「美味いもんを食わせてやる!」というTさんに、こちらから「では七輪屋で!」と逆指名。

ここのビルに入っているお店はどれも屋台風で、ここ「七輪屋」も透明のビニールのシートをくぐって店内へ。真冬はちょっと寒いですが、ロフト席ならばポカポカです。
2Fのロフト席も良い感じ

屋台風の雰囲気だからといってなめてかかってはいかん。七輪で焼く旬の海鮮と野菜の美味さは格別!!!ちょっと違いの分かるおじさまなんかをご案内のにも良いお店です。

この日はうっかりしていて水曜日・・・月に何度かの水曜日は市場が休みなんだそうで、この日はまさにその日・・・。失敗失敗!いつもなら、様々な種類の海鮮を七輪で焼いて楽しむところなのですが、今日の海鮮はカキとホタテのみ。残念!

唐桑産活ホタテ」と「宮城気仙沼真ガキ」は、ともに750円。ひとまずホタテは焼いてもらって、カキは生で頂くことに。ちなみにホタテをオーダーするときには、+150円のリゾットを是非!!!これははずせません。
だから水曜はだめだってば!

↑の左は「支那竹のピリ辛(500円)」。ビールのおつまみとして、とりあえずの一品に最適。右は「北海道羅臼の沖いくら(1,100円)」。

↓の左は「アトランティックサーモンのルイベ(1,200円)」。パッと見、人参!?というくらいの鮮やかな色のサーモンです。鮭を冷凍したものを薄切りにして、凍ったままわさび醤油でシャクシャクと頂きます。
右は最初にオーダーしたホタテ。デカイ!!デカイよ君!!ナイフとフォークをお借りして、ガツーンと1人1つずつ大きなホタテを頂きました。
生牡蠣・・・たまらん・・・

生牡蠣登場?!! やっぱ生牡蠣は華があるね、華が!!! 何個も何個も食べたい・・・身が大きくて非常にクリーミーな、実に美味なるカキでした。

あらかたテーブルの上のものを食べ終えたあたりで、火が入った七輪が運ばれてきます。元気野菜の数々をオーダーしていたので、七輪で焼いて頂きます。エリンギ・京ししとう・白ねぎ・アスパラ・そら豆などを焼いていきます。
七輪登場!

しかしその前に!!肉食わせろ、肉?!というわけで、「伊万里牛サーロイン(1,500円)」。もう、焼かんでえーやろ、キミ!というレベルのお肉が出てきますので、表面だけ軽く炙って少し脂を落としてから頂きます。
すごく脂が多いので、七輪の網の上に火柱が立つこともありますので、前髪と眉毛にはご注意下さいw

そうこうしているうちに、リゾットがきました。先ほどホタテを焼いて頂いたときに出た美味しいスープを使ったリゾットです。ホタテの殻1個分の量ですので、数口分しかないのですが、これがまた美味で・・・ホタテをオーダーしたら、リゾットまで食べることをオススメします。
ホタテをオーダーしたらリゾットも忘れずに

続いて「貝柱の朴葉焼き(850円)」。七輪の上で焼いていきますが、味噌がグツグツしてくるまで、じっと辛抱です。
朴葉焼きって葉っぱまで食べられるんだって?

朴葉って葉まで食べられるんだそうです、今までいつも葉は残してきましたが、この日は食べてみました。葉がパリパリのお煎餅状になるまで焼いて食べます。味噌が焦げて香ばしい!かなりしょっぱいので、お酒のアテになりますね。

エビスを飲みつつ、しばし大人3人でまったり語っていましたが、大人のつまみはやっぱえいひれの炙りだろ!ってなわけで、えいひれをツマミに、大人の夜は更けていくのであった・・・。Tさん、美味しい食事&お酒でした!ごっつぁんでした!!
えいひれ炙っちゃうよ?

<アクセス>
並木坂から丸小ホテルの通りへ入り、四つ角を過ぎてすぐ左手のビル2階。階段であがります。


●七輪屋
TEL:096-359-4755
熊本市南坪井町2-16 SIGEZZOビル2F
地図はこちら
スポンサーサイト
【2007/01/31 23:00 】 | 一次会 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<【二次会】ESQUINA Copa(エスキーナコパ) | ホーム | 【一次会】江戸前 金寿司>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。