スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
【温泉】レゾネイトクラブくじゅう(久住温泉?)
デザインホテルズ加盟

世界でおよそ160軒、日本ではわずか3軒だけが加盟を許されている「デザインホテルズ」認証のお宿が、大分県久住にあります。
いつも前を通るたびに「いいなー、泊まってみたいなー」と思っていましたが、ついに実現!

レゾネイトクラブくじゅう」に宿泊してきましたー!!いやっほーい!!
阿蘇くじゅう国立公園内にあります

そのロケーションはとにかく雄大。なんつったって阿蘇くじゅう国立公園内にあります。360度のパノラマはまさに圧巻。

「デザインホテルズ」に加盟するためには厳しい条件があり、
・ホテルチェーンを展開していない
・著名なデザイナーがデザインしている
・ホテルの格付けで4つ星以上の評価に相当する

などがその一例。阿蘇久住の懐で、これだけ洗練されたお宿があるというのも不思議な感じです。

「お宿」と呼ぶべきか呼ばざるべきか…
フロントにはコンシェルジェがいて、館内従業員はみなキリッとした制服姿。ホテルのような距離感の接客。
でも温泉があるのです。大浴場もあれば露天風呂もある。さらには貸切風呂まであります。
館内は漆喰の壁に間接照明が配置してあり、木のぬくもり満点。こんな山奥(失礼!)なのに外国人のお客様もたくさん見えていて、なんとも不思議な気分になります。

部屋の作りはほとんどがメゾネットタイプ久住高原を見渡す床張りの部屋から3段ほどあがった場所に、ベッドと洗面所があります。高原に位置するため冬場はかなり冷えるので、床暖房が入っていました。お部屋はぬくぬくです。
部屋はメゾネットタイプ

冬季は室内着の他に、ベンチコートも用意されています。フードもついていて、足首まですっぽり覆われる陸上部みたいなやつ。裏がボアでめちゃくちゃ暖かいです。
ロケーションが最高なだけに、外を散策したいというとき、このベンチコートはかなり重宝します。
めちゃ寒いのでベンチコート完備

館内の随所に木のぬくもりが感じられるお宿で、ドアノブは全て木彫り。部屋のキーや貸切風呂のキーにも、木彫りの鳥がついていました。背中の部分にタテに切込みが入っていて、そこに鍵が収納されるようになっています。
木のぬくもりが随所に感じられます

温泉の大浴場もありますが、部屋にもお風呂があります。こちらは沸かし湯で小さなものですが、なんといってもお風呂からの景色独り占め
部屋とお風呂の窓からは、高原の景色しか見えないように設計されており、まるで離れのお部屋にいるみたい。

広大な敷地に部屋は58部屋。ホテルではありますが、上に高い建物ではなく、ロッジのような部屋がクモの巣状に配置されています。
国立公園内に位置するため、敷地内は平坦にならされたりしておらず、あちこちに階段があったり、狭い廊下があったりして入り組んだつくり。
敷地内はまるで迷路!

決してバリアフリーとは言えませんが、お年寄りや障害を持ったお客様のために、フロント近くにバリアフリー対応のお部屋が少数用意されているそうです。

フロントから客室棟へ抜ける廊下には「図書コーナー」が。なんだか近頃、お宿ではコレが流行りなんでしょうか?「五足のくつ」しかり、「翡翠の庄」しかり。
でも「図書コーナーがある=間違いないお宿」みたいな法則が私の中でできつつありますw
図書コーナーもあります

図書コーナー横のテーブルは、実は碁盤。よく見ると、テーブルに升目が掘り込まれていて、テーブル上でそのまま碁ができるようになっています。

はぁ、今回の記事は長いですね。
こっから先が晩御飯、ようやくもぐもぐタイムです!
こちらのお宿の夕食は、洋食と和食から選ぶことができます。
洋食が有名のようでしたので、洋食をチョイス。温泉にも入れて、ちゃんとした洋食も食べられるなんて、なんだか贅沢な感じですね。

食事の時間は18:00?か、19:40?のいずれかを選びます。お風呂にも入りたいので、18時からの食事にしました。

フロント棟にある「レストランメテオ」に向かうと、落ち着いた雰囲気でキャンドルが似合う感じ。暖炉があったり、ピアノの生演奏があったりで、雰囲気いいですね。
久住高原ビールを頂きます

中央のロティスリーで、非常に分厚いお肉をローストするオジサマを横目に、まずは久住高原ビールで乾杯!
手前が「アルト(まろやかな味とコク)」、奥が「ケルシュ(ホップの香りとすっきりした味わい)」。アルトは少し黒ビールにも似た奥行きのある味で、ケルシュの方はわりとドライなビールでした。

館内は全体的に照明が抑えられており、「ちょっと暗いかな?」とも感じます。
でもそれには理由があって、国立公園内に位置しているために、厳しい規制があるのだそうです。動物たちや自然環境への配慮を最優先させた結果、少し暗く感じるくらいの照明になっているとのこと。納得、納得。

まずは「ピジョンときのこの温かい前菜」。小鳩です。初めて食べたかも。エリンギや舞茸といったキノコ類の他に、柔らかい牛肉がレバーソース風のソースで和えられたものと一緒に出てきます。

ワインは赤と白の両方を飲みたかったので(どんだけ飲兵衛だよ!)、ハーフでオーダーできるものを選びました。フルボトルで飲みきれるのであれば、かなりの種類があります!
とりあえず赤!というわけで、まずは「シャトー・ブラネール・デュクリュ1997」。ハーフで6,000円。
小鳩ときのこの温かい前菜

ピジョンは結構歯ごたえがあり、骨から身をはずすのに格闘しているうち、気づけば最初のワインが空いていました。早っ!

スープは「レンズ豆のポタージュ」。上に乗っているのはベーコンチップです。レンズ豆のスープとは珍しいですね。

続いて「ボタンエビのポッシェ」。ポッシェとは、旨みを閉じ込めたまま茹でることを言うそうで、ぐつぐつ煮るのとはまた違うそうです。(ぐつぐつ煮た場合の煮汁がブイヨンだって!)
ボタンエビのポッシェ

海老味噌の風味がするソースと絡まっているのは、さっくりしたズッキーニ。うまー!でも細切りにしたズッキーニって、ナイフとフォークで食べるの難しいですね。箸なら上手に食べられるのに…!

シーフードが出てくるあたりで白ワインに切り替えました。「ヴィレ・クレッセ ドメーヌ・ド・ロアリー」。ハーフで4,000円。

そしてそして、オーブンで温められた状態で出てくるこのパン!!!なんじゃこのウマさはーーーーーーー!!!
こちらで焼いているパンなんだそうですが、ちょっと筆舌に尽くしがたい。美味すぎる。私の好きなパン第1位に彗星のごとく躍り出た、素敵なパンとの出会いでした。

くるみパンとフランスパンが最初に出てきましたが、いずれも美味。特にくるみパン。
キミは一体なんなんだね!?どういうつもりでそんなにサクサクなんだ!何のつもりでそんな味をしているんだね!?

…するとやっぱりありました。
自家製パン 1日限定10袋 プチフランスパン・プチくるみパン いずれも4個入り420円(ご注文は21時までにレストランスタッフまで)」。
するってーとアレだな、明日のチェックアウトのときに、焼きたてを持たせてくれるってわけだな。

もちろん買って帰るよーーーー!!!

このあと、今度は食パンタイプに焼かれたくるみパンとゴマパンを従業員さんが持ってきて下さったので、もちろんこれも両方頂いてご満悦。ご満悦が過ぎて、後発のパンの写真を撮り忘れました。

パンのあまりの美味しさに激しく興奮しているうちに、レストラン中央のロティスリーで時間をかけてローストされていたお肉がついに登場。
豊後牛モモ肉のロティスリー焼き」。
とても大きな肉塊をまるごとローストしてあり、それをスライスして出されます。表面はカリカリ、中はジューシー。
もちろん美味いよ!!大根や青梗菜が添えられているのも、なかなか面白いですね。
メインのお肉、絶妙な焼き加減です

デザートがねー、またこれが美味しかったんだ…
レーズンのアイスクリームと紅茶のパウンドケーキ」。レーズンのアイスなんて初めて頂きました。お皿の上にはヨーグルトソースが飾られていて、紅茶のパウンドケーキと合うんだよね…

かなりゆっくりと時間をかけて食事をして、ずいぶん贅沢な気分でした。スタッフも若い人が多いのに非常に感じが良く、誰に何を聞いてもきちんとした回答が返ってくる、とても行き届いた接客でした。

レストランもそうでしたが、館内のあちこちがクリスマスの飾りつけ。客室のドアにもリースが付いていました。
今年のクリスマスには、レゾネイトクラブくじゅうにサンタが現れるそうです。足跡などのサンタの痕跡を見つけたら、コンシェルジェまでお知らせすると、良いことがあるかも!?
クリスマスムード満点

食事のあとは、少し休んでお風呂へ。こちらの温泉は「紅殻之湯(べんがらのゆ)」といって、赤褐色の変わった色です。
鉄分を多く含んでおり、空気に触れると赤く変色するため、泥のような赤茶色になります。

たいてい温泉に置いてあるシャンプーは「リンスインシャンプー」だったりするのですが、シャンプー・リンス・ボディーソープがラインでビシッと揃っていました。こういうところ、女性は弱いですね。

寒いのをぐっとガマンして露天に出てみてびっくり!
これはもう「星見風呂」!高原に位置しているからか、尋常じゃない量の星、星、星!そして夜空がすごく近い!
ハンパじゃない感動がそこにはあります。とにかくきれい。すごいです。

時間を忘れて星に見入ったあと、部屋に戻ってからもその感動が忘れられずに、部屋のお風呂側の縁側から外に出ました。
縁側の方から出ると、真っ暗な草原しかありません。夜空を見上げると、まさに満点の星。生まれて初めてこんなにたくさんの星を見ました。

宿が用意してくれた、頭の先から足首まですっぽりくるまるベンチコートのおかげで寒くない!しんしんと冷え込む中で夜空を見上げると、吸い込まれていくかのような錯覚に陥るほど。
そしてさらには流れ星が!…すごい。すごい量の星の数。オリオンを見失うくらいの星の量、といったら伝わりますか?
都会の照明の虚しさを考えさせられる、圧巻の体験でした。

ここの宿は、流星群とかを見にくるのに絶対良いと思います。雨で夜空が見られなかったら半額にして頂きたいくらいの夜空の素晴らしさ。
この夜空を知ってしまったので、次回ここに泊まったときに雨だったら、ホントに私はガックリくると思います。(あのパンが出なくてもガックリするけどね)

大感動の星空鑑賞の翌朝、むふふ?、またしても美味しいパン三昧ですよ!
朝はホテルらしくビュッフェスタイル。焼きたてのパンがズラリと並んでいて幸せ…
朝からこんなパン…幸せです…

リゾートらしくチェックアウトは11時なので、朝食後に貸切風呂に入ることにしました。
貸切風呂には2つのタイプがあります。離れをまるごと貸し切る「稲星の湯(4,000円)」と露天風呂を貸し切る「ねのほしの湯、あかぼしの湯(800円)」の中から、宿泊者は400円で貸し切れる「あかぼしの湯」へ。
紅殻(べんがら)色の湯

こちらのお湯はまさに「紅殻(べんがら)色」。ぬるめなので、ゆ?っくりつかれます。
私たちは朝から入りましたが、この貸切露天は絶対に夜どうぞ!!!この露天であの星空を見たら…その感動ははかりしれません。

貸切風呂は本館から少し離れた場所にあり、夜の入浴は22時からの貸切までとなりますので、宿泊を予定されている方は、チェックイン時に夜の貸切風呂の予約をおすすめします。

フロントの前にはお土産物屋さん。駐車場からも直接入ることができます。(これは「レストランメテオ」と「日本料理 和心」も同じ)
土産物屋さんも充実

どんぐりのストラップが可愛かった!食べ物から小物まで、結構充実のお土産物屋さんでした。

今回は少し曇ったお天気での滞在となりましたが、とにかく星が見られて良かった!「レゾネイトクラブくじゅう」は、絶対にまた来たいお宿リストに仲間入り。
晴れた日にはもっときれいです

車で10分ほどの場所に「久住の恵」があり、すぐ隣には「ガンジーファーム」もあってお土産にも困りません。車がないとアクセスはちょっと厳しいですけど…

なんだかちょっとお高いんじゃないの?というイメージを受けますが、実は今回の宿泊は1人13,000円強
食事のときのワインだなんだで1万円以上プラスにはなりましたが、純粋な宿泊料金(もちろん2食付)は実はかなりリーズナブル。

デザインホテルズ加盟のお宿に、このお値段で泊まれるなんてかなりお得です。ヘタな温泉旅館で15,000円支払うよりも、こちらに宿泊した方が満足感があるかもしれませんね。

レゾネイトクラブくじゅう
 TEL:0974-76-1223
 大分県久住高原865
 HPはこちら
スポンサーサイト
【2006/12/15 23:00 】 | 温泉 | コメント(13) | トラックバック(0)
<<【ランチ】極上のそば処 戸無(となし)のそば屋 | ホーム | 【ランチ】そば街道 吾亦紅?われもこう?>>
コメント
ここは、本で見たことあるだけだわ~~。
そんなに良いところなのに、意外とリーズナブルなのね。
(ここも、旦那じゃなくて、女友達と行くとこの候補だな)

うちは家族では意外と安い温泉宿とか使うんで「図書コーナー」なんて見たことない!!

チェックアウト11時も、宵っ張りの朝寝坊な私には嬉しいね^^
【2006/12/19 16:30】| URL | カフェ #- [ 編集 ]
しらんじぇ
コンシェルジェって何?
俺そんな人、知らんじぇ

長文シリーズですね。感動したのね。
文面に感情がよく表れています。
よかった、良かった

【2006/12/19 19:14】| URL | s #- [ 編集 ]
黒川の次は久住ですか。うらやましいです。
「デザインホテルズ」って初めて聞きました。
料理も美味しそうだし 行ってみたいなぁ~って
思いました。
【2006/12/20 12:20】| URL | たまご #lbsadoxo [ 編集 ]
すごっ!!!
普通のホテルよりすごいですね☆
絶対に泊まりに行きます(笑)
…自分が行く前に、親の結婚記念日にいいかなぁって思いました。
図書コーナーで佇んでみたい…(*´ー`*)
【2006/12/20 12:39】| URL | ほっしー #- [ 編集 ]
カフェさんへ
ここはわりとお手ごろなせいか、子供さんもいる家族連れも結構いましたよ~
だけど大自然しかないから、子供さんにはもしかしたら退屈…かも…?
【2006/12/20 21:23】| URL | 7e3もぐもぐ #H6hNXAII [ 編集 ]
Sさんへ
コンシェルジェ=フランス語で案内人のこと。
ホテルでいうと、フロントマンよりもさらにお客様の要望に応える姿勢にあるサービスマンみたいな感じかな。
いやー、コスパの高いお宿でしたわ~
【2006/12/20 21:25】| URL | 7e3もぐもぐ #H6hNXAII [ 編集 ]
たまごさんへ
彼女さんとの記念日にオススメです!
ドライブのあとここに泊まって、夜は貸切風呂で星を見る・・・いいかも~!
【2006/12/20 21:29】| URL | 7e3もぐもぐ #H6hNXAII [ 編集 ]
ほっしーへ
ホント、そのへんのホテルとか旅館に泊まるくらいならここに行っとこ!カレと一緒に行ってくればいいやん~☆
パパママも喜ぶと思います!
【2006/12/20 21:31】| URL | 7e3もぐもぐ #H6hNXAII [ 編集 ]
いいな。いいな。
HP見たら、ぐっと来ました☆
彼氏と行くよりここは女性の方が楽しそう!
結構お値段も料理が豪華なのによさげなお値段。
デザインホテルズに認証されるのがわかります!

【2006/12/20 23:27】| URL | mai #- [ 編集 ]
maiさんへ
デザインホテルズのわりにお安いところがまた魅力☆
機会があったら是非行ってみてくださいね~!
【2006/12/21 00:23】| URL | 7e3もぐもぐ #H6hNXAII [ 編集 ]
いやいや。。。
いや、うちの男性陣(旦那と息子)は「登山家」なので(笑)、久住はこの夏に山小屋に泊まって登山しましたから^^;


こんなオサレなホテルに泊まって「癒される」とかいう人種ではないのだよ。

ホテルより「大自然」が好きらしい。
【2006/12/22 08:57】| URL | カフェ #- [ 編集 ]
カフェさんへ
男性と女性とでは価値観がか~なり違いますもんね!
価値観の微妙に違う家族より、一緒に楽しめる友達とGO!ですな~
【2006/12/22 10:43】| URL | 7e3もぐもぐ #- [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/11/04 17:05】| | # [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。