スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
【二次会】ESQUINA Copa(エスキーナコパ)
ここのピザはうまいね!

「七輪屋」のあとは、上通り周辺のお店へ行こう!ということで「ESQUINA Copa(エスキーナコパ)」へ移動して二次会です。
夜も遅いのに賑わってるね?!若い女性中心に、ほぼ満席になっていました。
店内は賑わっていました

さっきお腹いっぱい食べてきたのに、またピザだパスタだとオーダー。ここのピザは美味いね!美味い!生地がいい!
二次会なのにガッツリ

デザート類も種類豊富だったので、もちろんオーダー。お酒を飲んだあと、そのままそのお店の中でデザートまで食べられるのって嬉しいですね?!
さらにデザートまでガッツリ

<アクセス>
電車通りからオークス通りに入り、左手のライオンパーキング2階。菅乃屋の向かいです。


●ESQUINA Copa(エスキーナ・コパ)
 TEL:096-351-5855
 熊本市城東町2-12 ライオンパーキングビル2F
 グルメぴあ内のページはこちら
スポンサーサイト
【2007/01/31 23:05 】 | 二次会 | コメント(0) | トラックバック(0)
【一次会】七輪屋
水曜日はNGだ・・・

久々に、熊本市上乃裏にある「七輪屋」へ。「美味いもんを食わせてやる!」というTさんに、こちらから「では七輪屋で!」と逆指名。

ここのビルに入っているお店はどれも屋台風で、ここ「七輪屋」も透明のビニールのシートをくぐって店内へ。真冬はちょっと寒いですが、ロフト席ならばポカポカです。
2Fのロフト席も良い感じ

屋台風の雰囲気だからといってなめてかかってはいかん。七輪で焼く旬の海鮮と野菜の美味さは格別!!!ちょっと違いの分かるおじさまなんかをご案内のにも良いお店です。

この日はうっかりしていて水曜日・・・月に何度かの水曜日は市場が休みなんだそうで、この日はまさにその日・・・。失敗失敗!いつもなら、様々な種類の海鮮を七輪で焼いて楽しむところなのですが、今日の海鮮はカキとホタテのみ。残念!

唐桑産活ホタテ」と「宮城気仙沼真ガキ」は、ともに750円。ひとまずホタテは焼いてもらって、カキは生で頂くことに。ちなみにホタテをオーダーするときには、+150円のリゾットを是非!!!これははずせません。
だから水曜はだめだってば!

↑の左は「支那竹のピリ辛(500円)」。ビールのおつまみとして、とりあえずの一品に最適。右は「北海道羅臼の沖いくら(1,100円)」。

↓の左は「アトランティックサーモンのルイベ(1,200円)」。パッと見、人参!?というくらいの鮮やかな色のサーモンです。鮭を冷凍したものを薄切りにして、凍ったままわさび醤油でシャクシャクと頂きます。
右は最初にオーダーしたホタテ。デカイ!!デカイよ君!!ナイフとフォークをお借りして、ガツーンと1人1つずつ大きなホタテを頂きました。
生牡蠣・・・たまらん・・・

生牡蠣登場?!! やっぱ生牡蠣は華があるね、華が!!! 何個も何個も食べたい・・・身が大きくて非常にクリーミーな、実に美味なるカキでした。

あらかたテーブルの上のものを食べ終えたあたりで、火が入った七輪が運ばれてきます。元気野菜の数々をオーダーしていたので、七輪で焼いて頂きます。エリンギ・京ししとう・白ねぎ・アスパラ・そら豆などを焼いていきます。
七輪登場!

しかしその前に!!肉食わせろ、肉?!というわけで、「伊万里牛サーロイン(1,500円)」。もう、焼かんでえーやろ、キミ!というレベルのお肉が出てきますので、表面だけ軽く炙って少し脂を落としてから頂きます。
すごく脂が多いので、七輪の網の上に火柱が立つこともありますので、前髪と眉毛にはご注意下さいw

そうこうしているうちに、リゾットがきました。先ほどホタテを焼いて頂いたときに出た美味しいスープを使ったリゾットです。ホタテの殻1個分の量ですので、数口分しかないのですが、これがまた美味で・・・ホタテをオーダーしたら、リゾットまで食べることをオススメします。
ホタテをオーダーしたらリゾットも忘れずに

続いて「貝柱の朴葉焼き(850円)」。七輪の上で焼いていきますが、味噌がグツグツしてくるまで、じっと辛抱です。
朴葉焼きって葉っぱまで食べられるんだって?

朴葉って葉まで食べられるんだそうです、今までいつも葉は残してきましたが、この日は食べてみました。葉がパリパリのお煎餅状になるまで焼いて食べます。味噌が焦げて香ばしい!かなりしょっぱいので、お酒のアテになりますね。

エビスを飲みつつ、しばし大人3人でまったり語っていましたが、大人のつまみはやっぱえいひれの炙りだろ!ってなわけで、えいひれをツマミに、大人の夜は更けていくのであった・・・。Tさん、美味しい食事&お酒でした!ごっつぁんでした!!
えいひれ炙っちゃうよ?

<アクセス>
並木坂から丸小ホテルの通りへ入り、四つ角を過ぎてすぐ左手のビル2階。階段であがります。


●七輪屋
TEL:096-359-4755
熊本市南坪井町2-16 SIGEZZOビル2F
地図はこちら
【2007/01/31 23:00 】 | 一次会 | コメント(0) | トラックバック(0)
【一次会】江戸前 金寿司
カウンターでお寿司!

Nさんとの熊本グルメを極める会、当初行こうとしていたお店に何度電話してもどうにも都合が合わず、急遽「江戸前 金寿司」へお邪魔することに。
前々からいずれ行きましょう!とチェックしていたのですが、こちらもなんとなくタイミングが合わずに流れていたので、ちょうど良かったかもしれません。

カウンターに座ると、目の前には醤油が3種と竹の箸がセッティングされています。竹の箸やフィンガーボールといった竹製品は、1本1本削って作っておられるそうです。お箸は帰り際にきれいに洗って持たせて下さいます。(すごく使いやすい!)
お醤油は関東・九州・自家製の3種類。お客様の好みで好きなものが使えます。
醤油は3種類

カウンター前のガラスケースには、ネタがいっぱい・・・かと思いきや、なんとお酒の肴がいっぱい!そうでした、こちらのお店はお寿司の前に様々なお通しが出ることでも有名なお店なのでした・・・!(これがまたどれもウマいんだ・・・)

予約のお電話を入れたときに、「お酒中心にされますか?お寿司中心にされますか?」と尋ねられたのにも、このものすごい種類の肴を前にしたら納得。予算にあわせて内容はおまかせで握ってもらいます。
我々はお寿司中心のラインナップでお願いしていましたが、それでもかなりの種類の肴を頂きました。

ビール星人なのでいつもなら「ビール!」というところですが、こちらのお店には日本酒がかなり揃っているという話を聞いていたので、久しぶりに日本酒です。
「辛口ですっきりしたものを」とお願いすると、なんと利き酒タイム!3種類のお酒を切子のグラスに入れて下さって順番に利き酒。嬉しい!
利き酒させて頂きました

美味しい肴をアテにしながら順番に頂いて、新潟の「麒麟山」に決定。
噂の酒の肴が続々登場します。まずは驚愕の美味しさの「玉子の味噌漬け」。作り方を伺ったのですが、到底素人にはできない手順・・・あまりの美味しさに、卵1つ分の量を5mmずつくらいチビリチビリとしつこく頂きました。
味噌卵…毎日食べたいーーーーーー

↑の左が「ふきのとう」、右が「豆腐の味噌漬け」。
とにかく綺麗でつるつるの「しらうお」。さっぱりしたポン酢で頂きますが、これも勿体無くてちょっとずつ食べちゃう貧乏性の私・・・。
プチプチのしらうお

ガラスケースに並んでいるものを、いちいち「あれは何ですか?これは何ですか?」と質問する私たち・・・うるさくてスミマセン。中でも↑の黒い物体が気になって気になって・・・。正体は「柚子ゆべし」。コレは私たちがあまりにも興味津々なので、大将がサービスで出してくださいました。ありがとうございます!

ゆべしって漢字で書くと「柚餅子」なんですね。くるみゆべしのイメージが非常に強かったため、おやつ的な餅菓子の印象を持っていました。
こちらのゆべしは一般的には「丸ゆべし」と呼ばれるもので、柚子をくりぬいた「柚釜」に味噌などの材料を詰め、蒸した後、寒風干しにしたものです。
お菓子じゃないほうのゆべしは初めて頂きましたが、こりゃー酒飲みにはたまらんね!もちろんこちらでは自家製、手作りです。

そして・・・見よ!この「からすみ」を!!! もう私・・・他所のお店でからすみなんて食べられません・・・どうしてくれるんですか、金寿司さん・・・。
自家製からすみで、もうなんというか、スゴイ。奥にある生姜風のつぶつぶも実は卵で、からすみをこちらで作る際にどうしても出る、破れた部分から取れたものです。ここのからすみは、夢に出るよ。ホント。
もう他所のからすみは食べられません

葉蘭の細工をこちらのお店でされているだけあり、3人の皿、3人のフィンガーボールそれぞれ全て葉蘭が違う!さすがの職人芸で、とてもきれいです。お弁当に入っているバランとはわけが違うよー!
ハランは全員違うもの

お寿司を載せるお皿は有田で、季節によって皿の柄が変わります。1月に伺いましたので、このときは南天の柄でした。
お待ちかねのお寿司スタート!「ボタン海老」、「穴子」。穴子は柚子塩であっさりふっくら。
お吸い物椀もとてもきれいです

お吸い物のお椀もとてもきれいです。フタの裏に柄が入っていて、器のひとつひとつにまで心配りがされているのが伝わります。
続いて「ひらめ」。
見よ!この輝き!

さば」と「いくら」。
さばは30分程度しかしめていないそうで、絶妙のアッサリしたしめ加減。こりゃー美味いやーーーー!!塩とすだちの風味で頂きますが、初めて食べた味…これは是非また食べたいです。
さらにいくらの歯ごたえにびっくり!本物のイクラって、歯が立たないんだね、ママン…。噛もうとすると、イクラが口の中で右へ左へと逃げ回ります。舌の圧力でつぶれるようなヤワなものではなく、非常に噛みごたえのある存在感のあるイクラ!

珍しさのあまり写真を撮り忘れましたが、ここで「めねぎ」の握りが出ました。続いて「ヤリイカ」、そして「あぶりがっこ」!
あぶりがっこは秋田名物の漬物の燻製。独特のスモークの風味がたまりません。スモークチーズみたい!熊本ではあんまり頂く機会がないものですね。そういえばショーケースの中には「いずし」があったりして、熊本ではなかなか頂けないものが結構揃っている印象です。
子持ち昆布、贅沢?

そして贅沢にも「子持ち昆布」!数の子好きの人にはたまりません!続いて「トロ」。幸せなラインナップ・・・
酒たっぷりの卵

しめはやっぱり「玉子」!酒たっぷりの自家製。ふっくらしっとりしていて、これだけでお酒のつまみにもなる美味しい玉子です。

玉子まで出たところで本当はデザートなのですが、もう1つだけ握って頂くことに。他ではあまり食べられないものをお願いしたところ、「キンメダイ」の握りが!初めて頂きました。
キンメダイの握り

デザートには季節の和菓子が出ると聞いていたので、これまたわくわく!
ほおずきを凍らせたもの(美味!美味!)と、川尻の練り菓子。季節柄うぐいすでしょうか。お寿司の締めにこんなにきれいな和菓子が出ると、気分まで贅沢な感じですね。
デザートがまた素晴らしい

こちらではお茶が3種あり、一番茶が緑茶、二番茶が玄米茶、三番茶がほうじ茶となっていて、お酒が飲めない人でも充分楽しめます。
デザートに添えられているのは昆布茶でしたので、合計4種ものお茶が楽しめるのもポイントが高いですね。
3種類のお茶が用意されています

カウンターごしに珍しい食べ物のお話など伺いながら頂きましたが、全て、全て美味でした?!!!本日は1人1万円の予算で握って頂きましたが、あらかじめ予算を言っておけば、それにあわせて握って下さいますので、安心して食べられると思います。
カフェでおしゃべり

お寿司のあと、ボナーズカフェへ移動してしばしおしゃべり!コーヒーまでおかわりしてよく食べた1日でした。Nさん、金寿司はやっぱり行って良かったですね?!

●江戸前 金寿司
 TEL:096-351-2053
 熊本市下通 1-11-20 コンフォート乃ぞみビル1階
 HPはこちら
【2007/01/30 23:05 】 | 一次会 | コメント(8) | トラックバック(0)
【おやつ】Ange Michiko(アンジェ・ミチコ)
チョコレートならばここ!

季節物なだけに、もっと早くUPしなくっちゃーと思っていたのですが、バレンタインも直前になってのUPになってしまいました…。熊本チョコレートといえば、ココは外せないでしょう!「Ange Michiko(アンジェ・ミチコ)」でバレンタインのチョコレートを買ってきました。

こちらのチョコレートは、世界最高の材料を使って1つ1つ手作りされています。カカオ以外の油分を一切含まない世界一砂糖の少ないチョコレートで、お値段もそれなりにするため、ちゃんと味が分かる人にしかあげたくない!

ここのチョコレートを猫に小判な人にあげるのはやめて、いつも美味しい世界をたくさん見せて下さるNさんへのプレゼントに。Nさんとはワインをご一緒することも多いのですが、アンジェミチコのチョコレートは、ワインに合うものも多数!コレ、まさにNさんにピッタリじゃないのー??
目移りします

お店に一歩入ると、ズラッと並んだ紅茶の缶の奥に、あるわあるわチョコレート!そしてパン!
紅茶も80種類ほどあってすごい品揃えなのですが、チョコレートも常時20種くらいは軽くあるんじゃないでしょうか。

自分で食べたいものもたくさんあって、目移りしてしょーがないので、こちらでアルバイトしている友人の妹さんにアドバイスをしてもらいつつ選んでいきます。

途中ミチコさんに「ワインに合うものを探してるんですが」と聞くと、「差し上げる方はブルゴーニュが好きな人?ボルドーが好きな人?」と聞かれました。え、えーとえーと…フランスのワインもよく飲んでるみたいだけど、地方までは気にしたことないッス…
ブルゴーニュかボルドーかで、また合うチョコレートも違ってくるのかな…チョコレートもワインも実に奥が深いなぁ、と感じた一言でした。
ワインに合うものもたくさん

本当は、以前友人の結婚式の引菓子で頂いた「ボルドーワインのトリフ」を入れたかったのですが、この日はなくて残念!
その代わり、「五ヶ瀬」(抹茶とホワイトチョコレートのトリフ)と、「紅茶トリフ(ローズ)」(ローズ紅茶とミルクチョコレートのトリフ)を入れてもらいました。それから「黄金のしずく」!これは10年もののコニャックを使ったトリフです。

他にも、たっぷりの果汁を煮詰めて作るゼリーや、ビターチョコとココアが絡められたナッツチョコなど、たくさん提案して頂いて、予算に合わせて上手に詰めて頂きました。

ラッピング後の写真を撮るのを忘れてしまったのですが、シンプルながらきれいなラッピングでした!ラッピングで待っている間、紅茶をサービスで出して下さるあたり、嬉しい心配りですね。
紅茶といえばチョコレートフレイバーの紅茶もあって、甘いものが苦手な男性にはこういうものも良いかもしれないなーと思いました。
紅茶の種類もスゴイです

<アクセス>
東BPから県庁通りを自衛隊方面へ。東BPから1つ目の信号のところが橋になっていますので、橋を渡り終えたらすぐに左折。右手にお店があります。駐車場は店の前2台。川を挟んだ斜め向かいの駐車場にもスペースがあります。


●Ange Michiko(アンジェ・ミチコ)
 熊本市尾ノ上1-5-6
 TEL 096-360-2933
 HPはこちら
【2007/01/30 23:04 】 | おやつ | コメント(6) | トラックバック(0)
【ランチ】台湾
本場の味

熊本市の小峯営業所近くにある、中華料理「台湾」に行ってきました。
こぢんまりとした庶民的なお店なのですが、台湾人のご主人がやっていらっしゃいます。

ランチは900円で、6種類の中から2種類を選ぶことができるハーフセット。(サラダ・漬物・デザート・コーヒー付き)
 ・チャーハン
 ・中華丼
 ・マーボ丼
 ・チャンポン
 ・太平燕(タイピーエン)
 ・ラーメン
 から選びます。

炭水化物攻撃なので、男の人にとってはバンザーイ!なお店かもしれません。お客さんもおじさん層が多く、ボリュームも満点。
4品の中から2品を選べます

↑は「中華丼」と「太平燕(タイピーエン)」。中華丼、うまっ!かなりのツユダクで、白いご飯だけ残っちゃうというようなことがなく、最後まで丼として楽しめます。

↓は「チャーハン」と「チャンポン」。チャーハンはこれまでに食べたことがない味なんだけど、コレ美味しい!ちょっと変わった調味料が入っている感じで、聞いてみたら台湾から取り寄せた調味料を使っているそうです。
なんだか八角みたいな独特の香りがする香辛料が使われていて、くせになるチャーハンでした。
炒飯が美味しい!

<アクセス>
うーん、説明が難しい…。ホームセンターサンコー東町店の近くなんですが…うーん、うーん、Googleマップをご覧下さい!(コラ)


台湾
 TEL:096-360-1108
 熊本市新外3丁目1-102-1F
 地図はこちら 
文字色
【2007/01/30 23:00 】 | ランチ | コメント(6) | トラックバック(0)
【カレー】ビストロシェモア
カレーとハヤシのお店

熊本市東バイパスを菊陽方面へ走っていたら、左手に「MORE」の看板を発見。ビストロシェモアがこんなところにも出来ていたんですね!
東BP沿いにあります

カレーとハヤシで有名なお店ですが、いざメニューを見るとあるわあるわ洋食メニュー!あちらこちらと目移りしながらも、なんとか初志貫徹で「ベジタブルカレー(890円)」と「ハヤシライス(890円)」をオーダーしました。
サラダ・デザート・コーヒー付きのセットにして、1,200円くらい…だったかと思います(ハッキリ覚えてません…)。

まずはカレーのお供、いろんなお漬物がどっさり出てきます。
お蕎麦はサービスだったみたい

↑の左、野菜サラダの上にトッピングされていたのは、多分スルメの細切り。珍しいですね。かなり細く切ってありますが、はじめはやはり固いです。しばらくドレッシングに浸かったままにしておくと、だんだんふやけてきていいお味になります。

↑の右のお蕎麦はおそらくサービスかと。「よろしければどうぞ」と言って温かいお蕎麦を出して頂きました。ありがとうございまーす!

程なく、ぐつぐつアツアツのハヤシが登場?!
こちらのお店では、ハヤシもカレーもお鍋の状態で出てきます。旅館の鍋料理で使うミニコンロ風のものに火を入れて、テーブル上でアツアツの状態を保ちます。
アツアツハヤシ?!

ご飯は+50円で五穀米にすることができます。今回は2人とも五穀米で。

続いて野菜たっぷりベジタブルカレー!野菜カレーといっても意外と具が少ないお店も結構ありますが、こちらのベジタブルカレーは本当に野菜たっぷり。食べても食べても、いろんな種類の野菜がごろごろしています!

カレーはトロトロの欧風カレーで、スパイシータイプではありません。辛さもかなり控えめですが、欧風ならではのマイルドな味でバランスが良く、美味しいですね。
ルーがいっぱいで幸せ

何より嬉しいのは、カレーにしてもハヤシにしても、とにかくこのルーの量!お店によっては「ヤバイ…ご飯が余ってきちゃったよ…」というところもありますが、こちらの場合「ヤバイ…ルーが余ってきちゃったよ…」という逆転現象が起こりえます。

デザートは、ベリーソースがたっぷりかかったヨーグルトでした。カレーのあとのヨーグルト、嬉しいですね。
その後かなり話し込んでしまい、ものすごーーーーく長居をしていたら…「よろしければどうぞ」再び!! プリンまで出してもらっちゃった…スミマセン、お気遣いありがとうございます?!
プリンはサービスしてくれました☆

お店の雰囲気も明るいし、いろんな年齢層のお客さんがいて利用しやすいです。分煙もされていました。今度来たらクリームチーズカレーを食べよう…!

<アクセス>
東BPを菊陽方面へ走っていく途中、下南部のあたり左手にケンタッキーとかメガネの三城とかありますね、あの並びです。(かなりザックリの説明…)


ビストロシェモア
 詳しい場所はこちらを参照
【2007/01/27 23:00 】 | カレー | コメント(4) | トラックバック(0)
【ランチ】鼎泰豊(ディンタイフォン)
台北の味を熊本で!

美味しい小籠包が食べたくなったら鼎泰豊ディンタイフォンに行け!というわけで、鶴屋ランチです。
鼎泰豊ディンタイフォンは、台北にある台湾一の点心屋さん。日本で鼎泰豊ディンタイフォンの小籠包が食べられるのは、なんと高島屋新宿店・横浜店・名古屋店、そしてここ熊本鶴屋店のみ。
あとは台湾本店かニューヨークまで食べに行くしかない、本場の味です。
鶴屋百貨店7階にあります

オーダー後、ジャスミンティーが出てきます。一緒に千切りの生姜も。これは点心用で、酢醤油をかけて点心と一緒に頂くつけだれになります。

叉焼(チャーシュー)麺セット(1,418円)」登場。普通サイズのチャーシュー麺と、自慢の小籠包4個がセットになっています。チャーシューはわりと甘め、スープはさっぱりでゴクゴクいけます!
チャーシュー麺セット

11時?15時までの限定ランチ「台北セット(1,418円)」。ハーフ海老炒飯・ハーフ叉焼(チャーシュー)麺に小籠包4個がセットされています。

小籠包の中のスープはめちゃくちゃ熱いですが、冷めたら台無し!ここは火傷覚悟で熱いうちに小籠包を平らげましょう。
ものすごくたくさんのスープが包み込まれているので、小籠包用にレンゲを出してくれます。一口では食べられないわ、という方は是非レンゲの上で割りましょう。じゃないとスープが勿体無い!
ゴクッと飲めるくらいのスープが溢れて、よ、4個じゃ物足りない…。
限定の台北セット

炒飯は、パラパラというよりもむっちりパラパラという感じ。なんだかツヤツヤしていてご飯がむちむちしています。味付けも濃すぎず、ついつい食べ進んでしまいました。

あんまん系の甘い点心もあり、これもかなり魅力的…温かいままでの持ち帰りも可能なので、急いで家に帰るときには持ち帰ってみたいです。
甘いものも美味しそう…

今度来るときは、セットもいいけど思う存分点心を食べるぞー!!

鼎泰豊ディンタイフォン
 TEL:096-211-0667
 熊本市手取本町6-1(鶴屋百貨店7階)
【2007/01/26 23:00 】 | ランチ | コメント(9) | トラックバック(0)
【一次会】天ぷ羅 政(てんぷら まさ)
九州でも有名なお店

つつつついに来ました、熊本が誇る天ぷら屋「天ぷ羅 政」!いろんなタイミングがうまく重なって、Nさんに連れていって頂きました。

2日前くらいまでに予約しておく方がベターと聞いていたのですが、なにぶん急に決まったため、当日になって突然の予約。カウンター8席しかないお店なので心配だったのですが、無事予約することができました。

紀伊国屋書店の裏のあたりにある雑居ビルの5階に入っていますが、エレベーターを出てお店へのアプローチに入ると、さすがにうまく雰囲気づくりがされていて、高級感が漂います。
ついに来てしまった…

油ものだからということで、カウンターの上にはお店の名入りのひざ掛けが用意されています。運よく他のお客様はおらず、私たちだけの貸切でお食事させて頂くことができました。

こちらの天ぷら油は椿油。椿油は天ぷら油の中でも最高級品と言われているそうです。さらに「」の椿油は、熊本特産の天然上質のもので、古来の圧縮法で搾り出したものだそうです。
淡白でクセがなく、素材の味を生かす油だということなのですが、今日は私たちだけの貸切=油も新品!! これはめちゃくちゃ嬉しい!!

お品書きは特になく、カウンターに座れば「創作天ぷら会席」のスタートです。旬の野菜と新鮮なお魚を使った内容なので、行くたび違うものが食べられます。

初めから天ぷらが出てくるわけではなく、京の味をベースにした小鉢が少し続き、お料理の出方にストーリー性があります。
まずは「鯛の昆布じめ」。お醤油も一緒に出して下さいますが、大将のオススメでそのまま頂いてみたところ、お醤油をつけるのが勿体無いくらいの上品な味。
手前は水前寺海苔。下に敷いてある昆布ももちろん残さず頂くことができます。

私たちは2人ともビール党なので、どこでも構わずビールなのですが、こちらのお料理には日本酒の方が合うかもしれません。
鯛に添えられているのは水前寺海苔

続いて↑の「東寺湯葉と小巻湯葉」。右奥の大きい方が東寺湯葉。ユリネや銀杏などが包んであります。左のソラマメの裏に隠れてしまっているのが小巻湯葉。その名のとおり、くるくるくるっと巻いてあり、かなり巻きが細かいです。

聞けばこちらの大将は、毎年年末になるとお店を閉め、京都の有名なお寺にお料理を作りに行かれるそうです。(お寺の名前は書きませんが、京都でも有数の規模を有する非常に有名なお寺です。名前を聞いてビビりました。)
どうりで京の気配が感じられるお料理なのですね。

次に温かい「雑煮」が出てきました。焼き穴子の上に、細く切ったごぼうとネギを乗せてダシが張ってあり、穴子の香ばしさとごぼうの香りがベストマッチ。非常に美味しいお雑煮でした。
焼きあなごとごぼうが絶妙のお雑煮

たっぷり生野菜のサラダが出てきたところで前菜は終了。ここから天ぷらです。

まずはお約束の「海老の足」。粉のように粒子が細かい、ミネラルたっぷりの沖縄の塩で頂きます。この沖縄の塩には緑色のつぶつぶが混ぜ込んであったので、海苔かと思っていたのですが、なんとその正体はパセリ!生のパセリを刻んで、さらに乾燥させたものを混ぜ込んであるそうです。
海老の足&海老

海老」。もうコメントの必要はないですよね。

前出の「沖縄の塩」の他に、「だし」、「大根おろし」、「味噌ダレ」、「レモン」が卓上に用意されているため、自分の好きなものを付けて頂くことができます。
大将も「コレには絶対こっち!」などとおっしゃるタイプの方ではなく、食べたいように好きなスタイルで食べて下さい、と言って下さいます。でも一本芯を持っていらっしゃるようで、お話の端々にお料理に対する強いこだわりを感じることが出来ました。

お料理に関する様々なお話のひとつひとつが実に面白く、食事も楽しみましたが、大将のお話も楽しませて頂きました。
好みのタレで食べられます

↑の海老の後ろに少しだけ写っていますが、天ぷら屋さんが使っているお箸ってとても太いですよね。Nさんがその理由を尋ねたところ、「衣を混ぜすぎないようになんですよ」とのこと。なるほど?!職人さんの道具には、それなりの理由があるものなんですね?!

続いて出てきたのは、一口サイズの小さな「タマネギ」。一口サイズだからって油断して食べると、中は超アツアツのトロトロですのでご注意を!
ホタテは芯がレア!

ふきのとう」と「貝柱」。ふきのとうは味噌だれとの相性が最高!貝柱の火の入り具合、写真で分かるでしょうか?非常に絶妙なレア加減なのです…!

当たり前のことかと思いますが、非常にマメに懐紙(というのでしょうか、天ぷらを乗せる紙)を替えてくださいます。
大体が衣が軽めでサックリした揚がり具合なので、それほど油は出ないのですが、それでもこの心配りは嬉しいですね。

紋甲イカ」、「こごみぜんまい」、「たらの芽」。イカは出てきた熱々の状態で食べないと、すぐに火が通ってしまって歯ごたえが変わってしまうので、急いで食べましょう!
私みたいに写真なんか撮ってる場合じゃありません!(それでも大将、わざわざイカを切って下さって、写真が撮りやすいようにして下さってありがとうございました!)
イカも火加減が絶妙

ふぐ」。どのタレで食べようかな?と迷っていたら、大将が美味しい食べ方を教えて下さいました。ぎゅっとしぼったレモン汁に、おもむろに大根おろしを投入。レモン汁を吸ったおろしをふぐに乗せ、それを沖縄のパセリ塩で頂きます。
「ふぐのサンドイッチや???!」と彦麿呂風に、Nさんのギャグも冴え渡りますw

ここでいったん熱くなった口の中を冷やしてください、と言って出されたのはお蕎麦。フレンチのコースで間に出てくるシャーベットみたいな役割でしょうか。いい感じのアルデンテなお蕎麦で、つるつるっと食べてしまいました。
いったん冷たいお蕎麦でリセット

お蕎麦で落ち着いたところで出てきたのは「ふぐの白子」。とたんに落ち着きがなくなる私w 絶対コレ、噛んだらトロトロ?ッてめちゃくちゃ熱いのが出てくるー!熱くて火傷するのは間違いない!だけど…白子の天ぷら、熱いうちに食べないでどうする!!!

大将も「熱い白子で火傷をなさっても自己責任です」なんて言って笑わせるし、恐る恐る頂きました。当然、それはもうこれ以上ないくらい熱々なんですが、その美味しさも一級品!火傷してもいい!

続いて「さより」と「アスパラ」。何でしょうね、ず?っと天ぷらなのに全くしつこくないし、飽きも来ません。これが最高級椿油の実力!?
正直言うと、予約を入れた時点では「天ぷら会席となると、今夜は胃薬のお世話になるかも」と思っていたんです。
大将によれば、こちらの会席を一通り食べて帰宅し、「お茶漬けでも…」という気分になる程度の腹加減になるくらいを目安にしているとか。

量についてよく考えられているということもありますが、お料理の出てくる順番と、やはりなんと言っても揚げ具合。衣も軽くていくらでも入りそうです。
カリカリの穴子

大好きな「穴子」もカリカリのふわふわ。「三つ葉」と「ししとう」で天ぷらは終了。量は抑えてあるといっても、満足感120%!

お膳に乗って、軽めに盛った白米とお味噌汁お漬物が出てきます。こちらはお茶漬けではないんですね。赤味噌をベースにしたあわせ味噌のお味噌汁が、涙が出るほど美味しいです。わかめとなめこが入っているのですが、「コレ、わかめですか」と思わず聞いてしまったほど肉厚で、普段食べているものと全く違ったわかめが入っています。
お味噌汁だけで、目からウロコがボロボロ落ちました

デザートは完熟メロンお汁粉。このお汁粉を頂き終わったところで「お茶室へどうぞ」とお誘いがかかります。こちらのお店には、ビルの中だというのにお茶室が設けてあり、おかみがお茶を点てて下さるのです!

きちんとした茶室で、靴を脱いで中にあがると、ちゃんと炉も切ってあり、立派な掛け軸がかかっています(これも前出の有名な某お寺さんのもの!)。
茶室で一服

形は正式ですが、気さくなおかみさんが「足はくずして下さいね」と声をかけて下さり、いろんなお話をしながらの楽しいお点前となりました。

茶室には、油といぐさの灯心を使った本物の灯明に火が点してあり、お茶を頂いている途中で入室して来られたご主人が電気を消すと、すごく良い雰囲気に。(暗すぎて写真は撮れませんでしたが、昔の人はこういう灯りの下で書き物をしたり、縫い物をしたりしていたんでしょうね)

なんでも前日にはドイツからのお客様がご来店になったそうで、天ぷら会席はもちろんですが、この茶室でのおもてなしにも大感激しておられたそうです。たしかに、外国人のお客様をもてなすには絶好のお店ですね。

心地よい灯りの茶室の中で、大将とおかみさんとのんびりかなり長い時間お話をさせて頂きました。押し付けがましいところは一切なく、それなのに一本こだわりの芯を持った接客が非常に好印象です。

お客様によっては、さらにこのあと、お店に入ってすぐの場所にある談話所でゆったりとお茶を飲んで行かれるそうです。(私たちはお店を出たあと、近くのロザリアンコーヒーに行きましたが)
囲炉裏を囲んだこの椅子の隅には、とても大人しくて人懐こい看板犬「ゆきちゃん」が座っていました。
看板犬もいます

今回のお料理は、2人がビールを2杯ずつ飲んで、合計で26,000円。一人当たりの予算は12,000円前後といったところでしょうか。それでも行く価値のある、間違いのないお店です。こんなお店が熊本にあるなんて!

<アクセス>
熊本市下通りの紀伊国屋手前から酒場通りへ。突き当たる少し手前右手の小原ビル5Fです。

●天ぷ羅 政(てんぷら まさ)
 TEL:096-325-2688
 熊本市大通1-5-23 小原ビル5F
 ぐるなび内のページはこちら
【2007/01/24 23:00 】 | 一次会 | コメント(10) | トラックバック(0)
【おやつ】niente(ニエンテ・美容室&カフェ)
美容室にカフェが併設されています

熊本市第一空港線沿いにある美容室「nienteニエンテ)」。以前イタリアンの「マガーリ」があった場所です。
この美容室は「ロザリアンコーヒー」併設で、カフェのみの利用もOKです。

カフェの中はいろんなソファがあって、さすがは美容室、おしゃれな感じです!
廊下をはさんだ向こう側には、開放的な美容室がちらりと見えて、若いスタッフの方々がきびきびと働いておられました。
ロザリアンコーヒーと同じメニュー

通り沿いには「ロザリアンコーヒー」の看板が出ていますが、建物にはロゴなどがないため、一見入りにくい感じがしますが、一度入ってしまえばかなりくつろげます。
テイクアウトも出来そうな雰囲気(ロザリアンですからね)だったので、なかなか使えそうです。
なんと深夜2時まで営業!

こちらの美容室はなんと深夜2時まで営業しているんだとか!お仕事の都合などで、なかなか美容室に行く時間がとれない人にとってはかなりありがたいお店です!

<アクセス>
熊本市東バイパスから第一空港線へ入り、すぐ左手。以前イタリアンのマガーリがあった場所です。お店の前が駐車場。

●niente(ニエンテ
 TEL:096-349-7411
 熊本市御領6-2-12
【2007/01/20 23:05 】 | おやつ | コメント(0) | トラックバック(0)
【ランチ】だいこん亭
子連れに優しいお店

なんか和食っぽいのが食べたいねー、ということで、熊本市の第一空港線にある「だいこん亭」へ。
いわゆるラブホ街にあるので、ちょっと周囲の雰囲気はアレですけども、駐車場も広いし、お店のたたずまいはしっとりした感じ。今の季節はお店の前の木の葉が茶色くなってしまっていますが、新緑の頃はきれいだと思います。
ちょっとロケーションがアレですけども…

オーダーしたのは「旬野菜の天ぷら膳(1,280円)」と「カキフライ膳(1,280円)」。ステーキ丼膳(1,180円)にもかなりひかれたのですが、これはまた今度。

天ぷらは季節によって食材が変わるそうですが、今はきのこが中心。エリンギ・えのき・しいたけなどの他に、たらの芽やサツマイモなど、かなりボリュームがあります。もちろんサクサクのカリカリ☆
天つゆか塩かを選べますが、できれば両方出して頂けるともっと楽しめるかと…
とにかく品数が多いお膳

カキフライは衣薄めで、口の中をケガするぜ!というくらいのカリカリ☆タルタルソースも美味しいです。
お膳の上には実にたくさんの種類のお料理が載っていて、女性好みのお店です。
お刺身や茶碗蒸しやきんぴらなど、少しずついろいろ食べられるし、小さいながら杏仁豆腐もついていました。ちなみに茶碗蒸しの具はかなり大きめ。銀杏なし(茶碗蒸しには銀杏が入っていてほしい私)。

そして驚くべきは、この店に来店している子供率!圧倒的に子供連れのお客様が多いです。お座敷とテーブル席が選べるため、子供さんの年齢次第で座る場所を選べるのも良いのかもしれません。
私たちの隣の席は赤ちゃんを連れたママ2人でしたし、後ろの大きな席はおじいちゃん・おばあちゃんからお孫さんまでの大家族のお食事風景でした。

カウンター側のみが喫煙席になっているようなので、分煙されているふうなのも子供連れには良いのかも。ママたちのお食事会っぽい感じのお客様も多かったです。

<アクセス>
第一空港線沿いのインターペット斜め向かいに「土房」があり、その左側にある小道を入ってすぐ左手です。


だいこん亭
 TEL:096-389-1922
 熊本市小山2-3-30
 グルメぱ?てぃSpecial内のページはこちら
【2007/01/20 23:00 】 | ランチ | コメント(2) | トラックバック(0)
【二次会】Fresco
二次会へ流れました

熊本ブロガーオフ、「ながいた」での一次会のあとは「Fresco」へ。
こちらのお店はたまごさんの馴染みのお店だとかで、ブロガーに非常に優しいお店w 写真を撮りまくる我々を温かく見守ってくださるお店でした…

酒場通りの突き当たりにある、豪華絢爛なビルの2Fが「Fresco」。このビルは金閣寺をモチーフにして作られたビルだとかで、とにかくキラキラです☆
豪華絢爛なビル

お店の中は全体的に黒が基調のシックな感じ。カップルに良さそうな感じですね。お店の中に2F席が設けてあり、こちらにはラウンジみたいなソファがありました。

お料理の選択はほとんどたまごさんにお願いしっぱなしで、出てきたものを鶏のヒナのように群がって食べるブロガーズでした。

大好物!「ドライイチジク(400円)」!ドライフルーツってなんでこんなに美味いんだろうね…。
チーズの盛り合わせ(1,500円)」も種類豊富です。
大好物!ドライイチジク

写真を撮りまくるブロガーズへ、お店から「ランブルスコ」を1本差し入れて頂きました。おおっ!優しい…ブロガーに優しすぎる…!
弱発泡性の赤ワインで、口当たりが甘くて非常に飲みやすいので、とにかくたくさん飲みたかった時代に、よくボトルで飲んでました。。。(懐かしい思い出)

前菜の盛り合わせ(1,500円)」もなんだか非常に種類が多くて、おかげさまで「ブラウマイスター」が進んじゃうよ?!
フード類も美味しいです

イタリア系のお料理が多いのか(すみません、自分でまともにメニューを見ていないのです…)、ピザもパスタも美味しいです。私たちは二次会で利用しましたが、一次会でも食事だけでも、充分使えそうなお店です。

生ハムのピザ(900円)」、「カルボナーラ(1,000円)」、「ペンネアラビアータ(800円)」を頂きました。
もちろんカクテルも充実

バーテンさんがいらっしゃるので、もちろんカクテル類も充実。女性に喜ばれそうなフルーツ系のカクテルもかなりあります。

そして最後には「デザート盛り合わせ」!これは女性には嬉しいですよね!
カウンターもゆったりした感じのつくりでしたので、2人で来ても、そこそこ大人数で来ても、マルチで対応してくれそう。「次どこ行く??」となって迷ったときは、いったん電話してみるといいかもしれません。
デザート盛り合わせまで!

店内にはスクリーンもありましたので、結婚式の二次会にも使えそう。たまごさん、素敵なお店を紹介してくれてありがとうございました?!

Fresco
 TEL:096-323-1229
 熊本市花畑町11-14コーエンビル2F
 クラブネッツ内のページはこちら
【2007/01/16 23:15 】 | 二次会 | コメント(8) | トラックバック(0)
【一次会】ながいた
熊本ブロガーオフ!

なみの介さんの声かけにより、熊本ブロガーオフ!7名でのオフ会の一次会は、熊本市大劇裏あたりにある「ながいた」です。なみの介さん、ナイスチョーイス!

なんだかオフの内容については、みなさん非常にすばやく記事をアップしていらっしゃったので(おめーが遅いんだよ!)、詳細は省きます。
…というかすでにだいぶ前の出来事になってしまったので、自分的記録記事です…。

お通しは「ほうれんそうのおひたし」。だしに結構しっかり味が入っていて、空腹にしみる美味しさでした?!「お造り」はなみの介さんがさくさくっと頼んでくれていたので、詳細はよく分かりませんが…コレ、3人前くらいでしょうか?
まずは1人1品ずつオーダー

↑は私が食べたかった「あん肝ポン酢(700円)」。ねっとりした感じがたまりませんね?☆

熊本といえば馬刺し!というわけで、「レバ刺し(800円)」。このレバ刺しは2回も頼んでしまいました。歯ごたえが意外にもわりとコリコリしていて、美味しいレバ刺しでした。
右は「ブリカマ塩焼き(1,300円)」。千枚漬けが添えられています。美味しいところは私が掘り返して、ほとんど一人で食べていたような気がする…皆さん、ちゃんと食べてました…???
しいたけふっくら…!

椎茸のつつみ揚げ(700円)」。めっちゃふっくら!傘の中に詰め物がしてあってうまーーい!

↓は「馬スジ肉豆腐(650円)」。こちらのお店の看板商品のようです。馬スジの煮込みの中に揚げだし豆腐が潜んでいて、ちょっと変わっていて美味しいです。
馬すじ肉豆腐には揚げだしが…

地だこの唐揚げ(650円)」と「やま芋の磯部揚げ(650円)」。あれ?この2つ食べてないや…まあ、人数多かったですからね。

貝柱のかき揚げ(750円)」。カレー塩が添えられていて、これがまたぴったり。カレー塩ってなんか心が躍るなぁ!
そして大好き「いり銀杏(600円)」!なみの介さん、コレ食べてないって言ってたけど…多分私の前にあったからだと思うYO…
掻き揚げにはカレー塩

たけのこ正油焼き(750円)」。あっ、コレも食べてないや。なんだかグルメ系ブロガーさんがたくさんいると、食いっぱぐれ率も高いみたい…

ながいた」は、落ち着いた雰囲気のわりになかなか安いし、メニューも結構多い。また行きたいお店です!

<アクセス>
熊本市通町筋の大劇のすぐ裏手。大劇の横の通りに電車通りから入り、最初の四つ角の右手ビル地下。コンクリート打ちっぱなしのビルです。


ながいた
 TEL:096-327-0770
 熊本市手取本町2‐13 ステップビルBF1
【2007/01/13 23:05 】 | 一次会 | コメント(8) | トラックバック(0)
【ランチ】パスターニャ(シェタニ健軍店内)
ケーキ屋さんでランチ

ケーキ屋さんに併設されているお店「パスターニャ」にてお昼ご飯です。
熊本市花立にある「シェタニ健軍店」併設。もちろん食事にはお店のケーキを選んで付けることができます!

選んだケーキの価格分だけ追加して支払えば良いので、店内にずらりと並んだケーキの中から好きなものを選び放題!迷う?、迷うよ?!
好きなケーキを付けられます

店内はこぢんまりとした作りで、すぐに満席になりました。ケーキ屋さんに併設しているので、ランチタイムとカフェタイムだけ営業してあとは閉めるのかなーと思ったら、夜21時まで営業しているんですね。
グラスワインとコロナビールだけではありますが、アルコールもあって少しびっくり。

ランチは「日替パスタ(この日はジェノベーゼ)」「オムライス」「ハンバーグ」「クロックムッシュ」の中から好きなものを選びます。
これにスープ・サラダ・ドリンクがついて820円。ケーキを食べればその値段分だけ加算されます。

↓はソースあっさりめの「オムライス」。あっさりめといっても、最後まで飽きずに食べられる程度のあっさり具合なので、なかなか良い感じ。
オムライスとクロックムッシュ

↑は「クロックムッシュ」。
クロックムッシュって必ず卵が使われていると思っていましたが、上に卵が乗っているものは「クロックマダム」というんだそうです!知らなかった!

こちらのは、ハムとチーズをはさんで焼いたパンに、ベシャメルソースがかかった正統派。ボリューム満点です!

ケーキはランチが出てくる前に、ドアを挟んで隣にあるシェタニに選びに行くのですが、この時点ではお腹ぺこぺこなので、ついついロールケーキなどのどっかり系を選んでしまいがち。「きっと食後は満腹だ!」と予測して小さめのケーキを選んで正解☆
ケーキは小さめで!

左は「ヘーゼルマロン(295円)」。(ヘーゼルナッツの香ばしいクリームとフランス産のマロンを使用したクリームを、ナッツの生地で重ねてあります)
右は「ベリーベリー(305円)」。(木いちごの甘酸っぱいムースと木いちごのピューレ入りチョコレートガナッシュをチョコスポンジでサンド!)

結構子供連れのお客様が多かったです。小さな子供さん用の椅子を出してくれるからかもしれませんね。

<アクセス>
第二空港線を空港方面へ。自衛隊を過ぎると、右手に「ハローグリーンエブリー」などのお店が集合した場所があります。その中の一番奥にシェタニがあり、ケーキ屋さん用の出入り口の左側に「パスターニャ」の出入り口があります。


パスターニャシェタニ健軍店内)
 TEL:096‐369‐9595
 熊本市花立5-9-27
 HPはこちら
【2007/01/13 23:00 】 | ランチ | コメント(6) | トラックバック(0)
【食事】五郎八(いろは)
水前寺の人気店!

おいしいホルモンを食べよう!」と思い立って、熊本市水前寺の「五郎八いろは」へ。
平日だろうがなんだろうがお構いなしでたいてい満席、という人気店。無謀にも電話なしでふらっと行ってみたところ、2人だったのでギリギリカウンターに座れました!良かった?!

とにかくコスパが高く、くつろげる雰囲気、ちゃきちゃきと気持ち良い接客、美味しい料理で大人気の居酒屋さん。ほとんどのお客さんが飲んでいるのですが、定食メニューラーメン(450円)、ちゃんぽん(500円)もあるので、お食事だけの利用も可能です。

今回は食事目的だったので、「ホルモン定食(1,000円)」と「野菜炒め定食(700円)」。
ホルモンは煮込みではなく焼き。この味付けがもう最高。歯ごたえも絶妙。ご飯ガツガツいけます!野菜炒めもちょっと驚くボリュームで、女性だったらかなりやる気で食べないとなくなりません!
ホルモンがめちゃウマです

いずれも味噌汁・山盛りご飯・お漬物付き。「美味いものは残すな!」というばあちゃんの遺言どおり(嘘です)、きれいに完食。あまりの満腹さ加減に、帰り道はまっすぐ歩けませんでした。。。

カウンターには初めて座りましたが、人気店の厨房内がよく見えてすごく楽しい!自分も満腹なのに、今作られている他の人のものが美味しそうに見えたりして、また行きたくなります。
この店のもやし消費量はスゴイですよ…ホントに…!

<アクセス>
水前寺公園前の電停のすぐ近く。電車通り沿いです。隣はたしかホカ弁だったような…とにかく水前寺公園前電停から見えてますので、すぐ分かります。サンリブよりも少し健軍終点寄りです。


五郎八いろは
 TEL:096-382-6336
 熊本市水前寺公園4-21
 地図はこちら
【2007/01/06 23:10 】 | 食事 | コメント(8) | トラックバック(0)
【おやつ】The Breakers Cafe&Surf(ザ・ブレーカーズ・カフェ&サーフ)
上通りの果て!

まんじゃぺしぇ」でデザートまで頂いたので、ちょっとお茶を飲みに次のお店へ移動しました。
The Breakers Cafe&Surf(ザ・ブレーカーズ・カフェ&サーフ)」。並木坂の果てまで行って、ちょびっと右に曲がったところにある気軽なカフェです。
お洒落で気軽なカフェです

私たちはお腹いっぱいだったので、カフェラテとかカプチーノのオーダーでしたが、ベーグルなんかもあるので、軽くお腹に入れたいときにも良いかもしれません。

お店に入ると、まずは中央のカウンターのところでオーダーしてお金を払うシステムで、チェーン店系のカフェみたいな感じですね。

2Fはサーフショップなので、夏なんかはかなり雰囲気があってさらに良いんじゃないかな?☆

●The Breakers Cafe&Surf(ザ・ブレーカーズ・カフェ&サーフ)
 TEL:096-328-8610
 熊本市南坪井町6-6
 公式ブログはこちら
【2007/01/06 23:05 】 | おやつ | コメント(2) | トラックバック(0)
【ランチ】Mangia Pesce(まんじゃぺしぇ)
人気のイタリアン

いろんな人が「おいしい!」というお店、熊本市上乃裏にある「まんじゃぺしぇ」でランチです。
今はシーズンではありませんが、こちらは桃のスープが超有名ですね。といいつつ私は残念ながらまだ頂いたことがありません。でもやたら聞くんですよね、ここの桃のスープの話。夏に是非行かねば?!

1,000円のコースが一番よく出ているようですが、今日は少し豪華に「まんじゃぺしぇコース(1,300円)」を。
前菜・スープ・本日のパスタ・デザート盛り合わせ・コーヒーがセットになっています。

本日の前菜「ヒッツのサルタート」。サルタートとはソテーのこと…だけどヒッツって?店内の黒板には「白身魚です」と書いてありましたが、聞きなれないお魚ですね?
ひよこ豆のスープはカレーみたい!

本日のスープは「ひよこ豆のスープ」!!豆大好き!完全に濾しきったタイプではなく、かなりザラザラと素材感が残る感じで、豆好きにはたまりません。
スープというより豆カレーに近い感触でした。ご飯にかけてもイケるんじゃねーのかい…??

パスタは3種から選べます。
↓が「春キャベツとベーコンの温泉卵ソース」。
パスタは3種から選べます

↑の左は「辛子明太子のスパゲティー」、右は「菜の花のフェデリーニ」。
私は「菜の花のフェデリーニ」を頂きましたが、パスタの固さもちょうど良いし、ガーリックが効いています。
ランチでパスタを食べるときって、かなり当たりはずれがありますが、ここはとっても美味しいですね。

デザートも3種乗っていて嬉しい!この日は紅茶のアイス、チョコレートケーキ、プリンの3種でした?!
デザート盛り合わせ

食事をしていたら、お隣のグループがオーダーしたリゾットがテーブル横で作られていて、本当に美味しそう…。こうやって目の前でチーズとからめてくれると、また食事も盛り上がりますよね!
次回はリゾットを!

こちらのお店はかなりこぢんまりとしているため、ランチタイムはたいていいつも満席です。あらかじめ電話してから行くことをおすすめしま?す!
<アクセス>
3号線の香川商事から上通り方面へ入り、突き当たりを右折。すぐ左手にあります。


Mangia Pesceまんじゃぺしぇ
 TEL:096-324-0206
 熊本市南坪井町5-18-1F
 地図はこちら
【2007/01/06 23:00 】 | ランチ | コメント(8) | トラックバック(0)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。