FC2ブログ
【二次会】THANK(サンク)
ダイエー裏にあるBARです

二次会は、熊本市下通りのダイエー裏にあるバー「THANK(サンク)」へ。
ビルの4階にあり、ソファ席が2つくらいとあとはカウンターだけのこぢんまりとしたお店ですが、良い雰囲気です。
平日でしたが、私たち以外にも常連さんが複数お見えになっていました。女性一人でも利用しやすい雰囲気のお店です。

カウンター後ろの棚に並ぶお酒の瓶の数は圧巻!たいていのものはある感じ。
なんだかたくさん飲みました

カウンターの上には、果物がどっさり入った籠が置いてあり、フルーツ系カクテルがかなり強そうです。
私たちが飲んだものの中にも、マンゴーのカクテルあり、フレッシュグレープフルーツジュースを使ったものありで、女性を連れて行っても充分満足の行くなかなかポイントの高いバー。(多分私はまた行きます!)

曜日によってはクローサーマジックを見ることもできます!こっちが酔っ払ってるせいもあるかもしれませんが、ほんとにタネが全く分かりません!うますぎる?!!
マジックを見ながら、美味しいカクテルが飲めるので、初めて行く方もすごく楽しめるお店。二次会に迷ったら是非どうぞ!

<アクセス>
熊本市下通りのダイエー真裏。あいたいビル4Fで、ダイエーの裏にまわればすぐに分かります。


THANK(さんく)
 TEL:096-323-1639
 熊本市下通1-2-4 あいたいビル4F
 ホットペッパー.jp内のページはこちら
スポンサーサイト



【2006/11/28 23:05 】 | 二次会 | コメント(4) | トラックバック(0)
【一次会】フランス料理 塩胡椒
また来ちゃいました

毎度美味しい驚きをくださるお店、熊本市の「フランス料理 塩胡椒」へまたまたまたまた行って来ました!(前回の記事はこちら
このお店といえば「一人っ子の会」での食事会ですが、なんと今回でこの会のアイドルYちゃんが卒業!むぅ、残念!(カナダまで会いに行くからね?!)

まずは食前酒。私たちの間ではいつもキールが人気ですが、今回は初めての「ペルノ(ういきょう酒)」をオーダーしてみました。
ういきょう=フェンネルですが、香りはミント。はじめグラスにロックの状態で出てきて、好みの濃さにお水で割ります。
食前酒は初体験のペルノ

ん?、コレは結構オトナの味…。もうすでに良いオトナの私とYちゃんですが、今ひとつ飲みきれずにNさんのキールと交換してもらいました!
かなりアッサリしたミント風味のお酒ですが、40度あり結構強いです。食前にクイッと飲むと、それだけで酔っ払ってしまいそう…

これまではこちらのお店でフォアグラやラムを頂いてきたので、今回は「お魚中心のラインでお願いします」と前もってオーダー。めっちゃ楽しみ!!

お店のサービスで、食前酒と一緒にフランス産のサラミを出して頂きました!2種類あって、片方にはナッツが入っています。これだけでもウマいじゃん…
エスカルゴはリクエストで

前回こちらに伺った際に頂いた「エスカルゴのバターソース」があまりに美味しかったので、予約係を務めてくれたYちゃんが気をきかせて再度リクエストしてくれていました。(グッジョブ!)
やっぱ盛り上がりますね、このグリーンのソースを見ると!パセリを使ったブルゴーニュソースだそうで、相変わらずの激ウマ。3人ともろくに会話もせずに夢中になります。

続いて冬の醍醐味、生ガキ登場!しかも大ぶりのぷるぷるしたのが3つも!!!みずみずしいよ??!!これまたテンションがあがります!
エシャロットビネガーソースが一緒に出てきますが、まずはレモンだけを絞ってシンプルに。

う、うまーーーーーーーー!!

思わず残り2つもレモンのみで食べそうになりますが、Nさんの「フレンチはやっぱソースが命だろ!」の一言で我に返り、赤いエシャロットビネガーソースをタラリ。
カキが3つも…!

…もうねー、口の中がたまらなくジューシー。つるつるのプルプルのカキが、酸味の強いビネガーソースと仲良く手と手を取り合って踊っております。。。

あまりのウマさにワインがまた進むねぇ。
今回はお魚中心のラインなので、久々の白。「バランスのとれた深みのある極辛口」という謳い文句にひかれてロワール地方の「サンセール」を頂きました。(フルボトルで5,775円)
「極辛口」、正解!キリキリッと冷やされた辛口の白は、お食事にぴったりマッチ。

しばしカキの余韻に浸っていると、「タラバガニのパイ包み焼き」が登場。ウニがパイ生地の上にたくさん鎮座しています。(お皿の上のふくろうは、Yちゃんの思い出の品として一緒に撮影したもので、実際のお皿には乗っていません)
中にはタラバガニが入ってます

スプーンでさっくりパイ生地を割ると、中からタラバのクリームソースがとろーり。もちろんタラバ率が非常に高い品で、甲殻類好きの我々のテンションもあがります。はぁ…美味しいね、美味しいよ。

続いて「丹波の猪とフォアグラのソース」登場。お肉の中にはところどころコリコリとした感触があって、これがまた楽しい。上に乗っているフォアグラソースを絡めながら頂きます。上品!子供は食べちゃいけないオトナの美味です。
猪とフォアグラの競演

お次は「ヒラメのグリル ホタテとヤガラのソース」。
ヤガラって何だ!?とググったところ、なんだかものすごーーく細長い魚でした。(口だけで体長の4分の1もある!)刺身でも、調理しても、上品で濃い旨みがあるのが特徴だとか。
本日はお魚料理中心で!

海の幸中心のコースというのも楽しいものですね!お客さんからのこういう勝手なリクエストに気持ちよく応えて頂けるのも、お店の底力だと思います。

(後日追記:なんか変だなと思っていたら、1品写真を撮り忘れていました!!しかもメインのオマールのグリルを!!失礼致しました??!)

白ワインが空いてしまったので、続いて赤をオーダー。「シャトーサンコロンブ」、ボルドー地方のコート・ド・カスティヨン産、4200円。「柔らかな渋み」が特徴だそうです。

初めてこちらを訪れたときに頂いた南アフリカの赤ワインが非常に美味しく、そのときに
「うまい赤ワインはかつお節の風味がする!」
という珍説を打ち立てた一人っ子団ですが、今回の「シャトーサンコロンブ」でもかつお節風味を発見!うまし!
チーズ3種

チーズ3種が登場し、赤ワインもすすみます。前回来店したときとチーズの種類が全部違う。スゴイ!まさか覚えていらっしゃるわけではないと思いますが、前回と違うチーズが食べられるのも客側としてはとても楽しみですね。

そして毎度その盛りに驚く「デザート盛り合わせ」。前回はチーズケーキだった部分がコーヒー味のケーキに、桃のコンポートだった部分が洋梨のワイン煮込みに。
毎度もりもりのデザートです

コーヒーには焼き菓子も添えられていて、最後まで美味しく頂きました。むふー、毎度満足させて頂いてます。ご馳走様でした!

今回のコースも1人8,000円です(ワイン別)。Nさん、次は忘年会ですね。胃袋は最後まで労わらず、豪快に食べて2006年を締めましょう!

そしてカナダへ旅立つYちゃん。キミなくして一人っ子の会は発足しなかった!いっぱい美味しいものを食べ歩きましたな!次はカナダで食い倒れようね。また会う日まで!

●フランス料理 塩胡椒
 熊本熊本市中唐人町13
  *熊本市電の呉服町電停で降りると近いです。
 TEL 096-322-8487
 地図はこちら
【2006/11/28 23:00 】 | 一次会 | コメント(10) | トラックバック(0)
| ホーム |