FC2ブログ
【ランチ】阿蘇やまなみ夢広場
蕎麦が胃腸に優しいわぁ

長湯温泉にて、朝食からた?っぷりもてなして頂いたので、もうお腹いっぱい。
でもお昼ご飯は食べねば!

消化が良い食べ物といえば、やっぱお蕎麦!しかも阿蘇周辺で食べるなら、やっぱお蕎麦!

最初は「山村 満願寺そば」へ向かうつもりでいたのですが、やまなみハイウェイから結構入るので、急遽やまなみ沿いにある「阿蘇やまなみ夢広場」へ変更。(朝からお風呂に入りまくってたので、多少疲れていたのかも)

地どりごぼ天そば(900円)」、「きつねそば(750円)」、「山菜そば(800円)」。
ごぼ天、かなり大きいです!歯が弱いかたはご注意下さい(汗)
きつねと山菜

ドライブインみたいな造りになっていて、景色がやたらきれいです。
簡単なお土産処もあれば、高速のSAみたいにソフトクリームやコーヒーが買えるところもあって、運転に疲れたときに良いですね。
ちょっとした休憩にちょうど良い

おまけ。
椿山荘饅頭(ちんざんそうまんじゅう)」を頂きました。かるかんみたいな食感。
フォーシーズンズホテル椿山荘東京」に泊まったんだって。いいなー!いいなー!!
椿山荘饅頭!

阿蘇やまなみ夢広場
 TEL:0967-25-2477
 熊本県阿蘇郡一の宮町大字中通字北山2796-1
 パノラマタウン熊本北内のページはこちら
スポンサーサイト



【2006/11/02 23:05 】 | ランチ | コメント(0) | トラックバック(0)
【温泉】ラムネ温泉館
ジブリの世界みたい?!

大分の名宿「宿坊 翡翠の庄(かわせみのしょう)」を後にして、同じ長湯温泉の中でも全国的に有名な「ラムネ温泉」へ。
湯につかってしばらくすると、銀色の泡が体中にビッシリとつく不思議な炭酸泉です。

翡翠の庄」でお見送りをして下さった方に、今からラムネ温泉へ行くと伝えると、無料券を頂いてしまいました!やっぱりラムネ湯は長湯の名物温泉なので、力が入ってる感じですね。

東大教授でもある建築家、藤森照信氏の設計による外観は、まるでジブリワールド!なんだこの温泉!可愛い?!!
屋根の上には松の木がちょびっと顔を出し、犬の像がある中庭には笹が植えてあって、絵本の中の建物みたいです。

キャラクターデザインは漫画家の南伸坊氏で、これがまたほっこりしたイラストでイメージにぴったり?!このキャラクターでマグカップやバスタオルなんかも売られていて、これがまためちゃ可愛い!
南伸坊さんデザインのほっこりイラスト

私はこのラムネ温泉を、作家の嵐山光三郎氏の連載エッセイで知ったのですが、温泉館入口部分には嵐山氏が詠んだ俳句が句碑になっています。(「青蛙露天のふちに眠りおり」)

句碑にすると知っていればもっと自信作を書いたのに。嵐山氏が気づいたときには句碑になっていたという一句。でも雰囲気にぴったりでした☆

ラムネ温泉は「大丸旅館」さんの外湯にあたり、この宿への宿泊客はもちろん無料です。ちなみに嵐山氏らはこの大丸旅館さんへ宿泊されたそうです。

施設内には可愛らしい家族湯もあって、とにかく雰囲気が良い!周囲に緑も多いし、交通量も少ないのでとても静かです。
ラムネ温泉の味は鉄の味…

中庭に飲用泉があり、早速ラムネ温泉を飲んでみました。

「むー…」

なんつーか、そうですね、コレは鉄分の味…鉄っぽい成分が多いのか、血を舐めたあとみたいな味がするぅ…。
もちろん美味しい!という方もいらっしゃいますが、私はちょっと合いませんでしたな。飲用には天然水がいいや!

さて、入浴!
ラムネ温泉はあくまでつかるための温泉であって、洗い場やシャンプーなどはありません。体を洗ったり頭を洗ったりするのは禁止されていますので、ご注意下さい。
この奥にあるラムネ温泉、温度が低いです

脱衣所からくぐり戸を抜けると、まずはぬるめの内風呂がありますが、これは噂の「ラムネ温泉」ではありません。これも炭酸温泉ではありますが、さらに高濃度の炭酸を求める方はもうちょい先まで。
目指すラムネの湯はここの奥!露天まで出ましょう。

露天のラムネ温泉は、長方形のプールみたいな造り。
湯温はというと…32度!!ん!?体温より低いんじゃん!

ハッキリ言って最初は寒いです!プールに入ってるみたいな感じで、ちょっとブルッときます。
が、目標15分!15分程度つかっていると、炭酸成分が皮膚から吸収されて血管が拡張し、血流が良くなります。目指せ15分!

じっと動かずに湯船(水船?)につかっていると、みるみるうちに肌にビーズ大の泡が付着していくのが面白い!水銀のようにシルバーに光る大きな粒が、からだ全体に「びっしり」つきます。

「びっしり」っていうのは大げさでもなんでもなく、本当に「びっしり」。指輪にも、ロッカーのキーにも、爪の表面にも、指の股にも、まさに「びっしり」粒が付着。

半魚人?人造人間?とにかくハンパじゃない粒の量!魚卵なんかの「つぶつぶ系」がダメな方は、ちょっとひいちゃうかもね、というくらいの見事な粒っぷり!

九州にお住まいの方は、是非一度入ってみてください!すっごく面白いです。近所にこの温泉があったら良いのに?!
家族風呂の方にも、この32度の高濃度炭酸泉と42度の炭酸温泉の両方があるそうですので、是非是非!!
かなりくつろげる造り

館内にはベンチや椅子が置いてあって、なかなかくつろげる造り。
お風呂上りに、大分産サフランと天然水で作ったサフラン水を一気飲み!
ビールもありますから、運転手がいる方は湯上りビールも良いですね。
風呂上がりのサフラン水

施設の斜め向かいには「呂人焼き(ろにんやき)」のショップがあります。昨日のお宿「翡翠の庄」の食器は、そのほとんどがこちらの焼き物を使っておられました。焼き色がしっかりした黒っぽい器で、お料理が映えます!
近くに呂人焼の窯元がありました

●ラムネ温泉館
 TEL:0974-75-2620
 大分県竹田市直入町長湯7676-2
 HPはこちら
【2006/11/02 23:00 】 | 温泉 | コメント(6) | トラックバック(0)
| ホーム |