FC2ブログ
【二次会】BAR Rest
すっぱいのお願いします!

熊本市新市街の「王朝」で食事をしたあと、2次会で下通りの「BAR Rest」へ。
新市街から鶴屋方面までぷらぷら歩きます。

駕町通りの蔦屋書店からセブンイレブン方向へ曲がり、しばらく歩いた左手の地下にあるお店。
メガネをかけた三日月のオブジェが目印です。
地下に降りたところにあります

階段を降りて店内に入ると、薄暗い廊下があってその廊下の右手一面にすだれ風に玉のれん(?)がかかっており、そののれんの向こう側がズラリとカウンターです。

確認できませんでしたが、この廊下の奥には茶室をイメージしたボックス席があるそうです。
なんだか不思議な空間で、雰囲気の良いお店!

バーテンさんもお若く見えるのですが実は年上で(!)、つかず離れずの良い距離の接客なので、ひとりでも来れそうなお店でした。
適当なオーダーでも、ちゃんと希望どおりのカクテルを作ってくださいますので、「お酒よくわからない…」という方も安心です。

↓は「アプリコットのギムレット」。
適当なオーダーでもちゃんと振ってくれます

↓の3色並んだ靴の形のリキュールは、左からざくろ・マスカット・カシス。
写真上がカシスを使ったカクテルで、下がざくろを使ったものです。
写真を撮っていたら、非常に協力的に全種類の靴型ボトルを並べて下さって、とても撮影しやすかったです。感謝感謝!
写真撮影に大変協力的で感謝!

↑のカクテルは「レッドレモンのグラニテ」。またしても「酸っぱくて炭酸がないの下さい」というざっくりしたオーダーに応えて頂きました。

最後の1杯はギネスビールで終了。ビールでしめると酔いますよ、と言われつつ、ギネスの泡の誘惑に勝てませんでした。
雰囲気がとても良いです

とっても雰囲気が良いし、お客さんの年齢層も低すぎずにくつろげる、居心地の良いBARでした。また伺います!

●BAR Rest
 TEL:096-354-2234
 熊本熊本市安政町2-23岡上ビルB1
 *駕町通りの蔦屋書店からセブンイレブン方向へ曲がり、しばらく歩いた左手の地下。
 パノラマタウン熊本内のページはこちら
スポンサーサイト



【2006/09/05 23:05 】 | 二次会 | コメント(6) | トラックバック(0)
【一次会】中国料理 王朝
今回は中華料理

熊本市新市街にある「中国料理 王朝」にて月に一度の一人っ子グルメの会開催です。
今回はこの会始まって以来の高予算、お一人様12,000円のコースでございます?《(;´Д`)》ブルブル(いや…もしかしたら石花庭の焼肉が一番だったかも?)

「中国料理 王朝」には、なんだかスゴイ料理人がいるらしい。(HPより)

・湖南省三星級賓館 中式高級点心師
  中国料理界で点心を作る事を許された「点心師」の技能を持つ男。
・中国湘南省 第4回料理技術大会 <銀賞授賞> <銅賞授賞> 総料理長
  中国のホテルで料理長を務め、世界でも数少ない最高級「技師」の称号を持つ男。
・湘南省政府賓館 中式高級調理師 先進工作者
  中国上海で副料理長を務め、「先進工作者」の肩書きを持つ男。
  
なんだかよく分かりませんが、漢字だらけでなんかスゴそう…。
モダンな店内

新市街の通り沿いにある店舗はモダンな作りで、獅子がくわ?っとか口を開いているような置物もなく、ちょっとしたダイニングのようです。

4,500円、6,000円、9,000円、12,000円とあるコースの中から、今回は「五状原(12,000円)」を頂きます。

まずは食前酒で「魔王の蔵よりさつまの梅酒」が到着。
あわせて「特選前菜3種盛り」も到着。焼き豚は八角が効いています。
続いて「フカヒレの姿煮込み上海蟹味噌風味」。
前菜3種盛りとフカヒレの姿煮込み

噂の点心師が作る「料理長おすすめ点心」。しゅうまいと肉まん。
肉まんは皮の中に肉汁たっぷり!絶対に皮を箸で破いてしまわないように注意しながら、口元まで運んで一口で頂きましょう!
点心師の作る点心

伊勢海老のチリソース煮込み」の海老もぷりぷりで美味しいです。
伊勢海老ってこんなに赤くなるのか!?というくらい鮮やかな殻とともに出てきます。

しかし…ちょっとお料理が出てくるペース速くない!?
まだ食べている途中なのに次のお料理が出てきたりして、なんとなく慌ててしまいます。。。
中華だし、机の上にいっぱいに乗ったりする方が良いのかもしれないけど、ちょっと慌しかったので少しペースを落としてもらうようお願いしました。

最初にオーダーしたビールが空いたので、初めて見た「青島ビール プレミアム」をオーダー。
青島のプレミアム!? いくらプレミアムブームだからって、青島までプレミアムなのかー。
バイトくん、「普通の青島とプレミアムって、どう違うんですか?」なんて質問してごめんなさい。分からないこともあるよね。。。
青島にもプレミアム!?

続いて「茎レタスの湖南風炒め」登場。
茎レタス?と思って調べてみたところ、レタスの仲間で、茎が長く伸び、その皮をはいで茎を食べる種類だとか。
茎を細く切って乾燥したものが「山くらげ」なんだそうです。ほほー!山くらげ、おめーはレタスだったのか!
茎レタスの炒め物と北京ダック

北京ダック」は、コースのお値段からしてひょっとすると丸ごと!?なんてほのかな夢を抱いていたのですが、通常のスタイルでした。

次に出てきたのが「あわびと季節野菜のあっさり炒め」。ここらへんで全員おなかいっぱい。箸がすすまん、すすまん!
でも、あわびだよ???、頑張れ???!と、ふーふー言いながら完食。
あわびのあっさり炒めとフォアグラステーキ

フォアグラステーキ中国野菜合わせ」のフォアグラが薄くて助かりました…フォアグラって結構口当たりが重いので、どっしりと重量感のあるものが出てきたら食べ切れなかったかも…
こちらのフォアグラは薄手のハンバーグみたいな形状で、お箸で頂きます。

お次は「大海老入り海鮮おこげ」。
テーブルにおこげと餡とが別々に運ばれてきて、見ている前でかけてくれます。餡をかけるときに「ジューッ!」と音がして、いかにも美味しそう!
美味しいんだけど満腹なんだよーーーー!これまた満腹でふーふー言いながら完食。いや、海老も大きくて美味しかったです。
じゅーじゅーの海鮮おこげ

デザートはムチムチの「杏仁豆腐」。本当にムチムチです。

いずれも美味しかったですが、個人的には点心がもうちょっと食べたかったな…
もう少しコースのランクを落としても、内容的には素材が少し変わるだけで(あわびがなくなるとか)、そう見劣りする内容ではなさそうです。

水曜限定のランチバイキングのときには、点心も食べ放題になるそうなので、これは結構狙い目かも。点心が美味かった…

Nさん、本当にご馳走様でした!そろそろ秋なので、次はまた「塩胡椒」の別メニューでしょうか??(わくわく!)

●中国料理 王朝
 TEL:096-356-6699
 熊本市新市街9-3 第一ファームビル1F
 HPはこちら
 地図はこちら
【2006/09/05 23:00 】 | 一次会 | コメント(8) | トラックバック(0)
| ホーム |