FC2ブログ
【二次会】Wine Bar ソムリエタナカ
ソムリエタナカで二次会です

熊本を代表するソムリエ、田中年記さんのワインバー「ソムリエタナカ」で二次会です。
コドモがキャーキャー言いながら飲むお店ではなく、30代以上向けの落ち着いたとても素敵なバーでした。

前々から気になっていたお店で今回ついに行くことが出来たわけですが、大人の雰囲気漂う本当に素敵なお店で、こんなお店にエスコートされたら、女性はほろっと来るわな?、という感じ。(どんな感じ?)

オトナなお店なのにノーチャージ。ますます素敵☆
田中さんが選りすぐったワインが、グラス900円?1,400円(時期によってワインリストも変わります)で頂けます。
さらにお試しミニサイズという価格設定もあり、600円程度からハーフサイズのグラスでお試しもできるようです。良心的!
まずは赤からスタート

さっきのお店ではひたすらブラウマイスターでしたので、ここで仕切りなおし、というわけで私は赤からスタート!
フランス・ブルゴーニュの「ピノ・ノワール2003」。

合わせて「チーズ盛り合わせ」もオーダー。3種類のチーズ・干しイチジクと干し葡萄・クラッカー・チーズと合わせた蜂蜜&ジャムが楽しめます。
干しイチジクはセミドライタイプ、干し葡萄は枝付き(!)で、もうこれだけで充分ワインが頂けます…贅沢!
チーズの種類も豊富です

「さっきあんなに食べたのに…」と、YちゃんとNさんにあんぐりされながら、私だけキッシュを頂きました(*´д`*)
こちらはワインに心血を注いでいらっしゃるだけあって、フード類は熊本市近郊のお店から、納得できる味のものだけを仕入れておられます。

ケルンよしもと」のビーフシチューや、「ドイッチェ」のアイスバイン、「ア・ラモート」の生チョコレートなど…といえば熊本の方はピンと来るお店ばかりだと思います。
以前にこのブログで紹介した「アンジェミチコ」のチョコレートも、時期によっては置いてあるようです。

キッシュを食べるなら白かな?、ということで白にチェンジしたんだけども…ドイツワインにするかイタリアワインにするかですごく迷ったことは覚えているんですが、結局どっちを飲んだのか覚えていない。。。

ドイツの「ケッセルシュタット リースリング2004」か、イタリアの「コントログエッラ DOC ダニエレ2001」のどちらかです…
ドイツだったかな…ケッセルシュタットだったような気がするな。。。
田中さん、せっかくとっても美味しいワインを頂いたのに、こんな酔客でスミマセン(´д`)
キッシュを食べつつ二杯目は白

最後は赤でフィニッシュ!というわけで、イタリアの「ムルジア アウグスターレ ウーヴァ ディ トロイア2002」。

ケルンよしもと」の「田舎風パテ」と一緒に頂きました。このパテは鴨とフォアグラを練りこんであって、ともに出されたごつごつのフランスパンにめちゃくちゃ合う!!

ちなみにごつごつのフランスパンは、熊本市平成けやき通りにある「パン工房サンパレア」の「レトロ・バケット」でした。このバケットは絶対にチーズにも合う!赤ワインを飲むならば、このバケットは好相性です。
最後は赤でフィニッシュ!

ソムリエの田中さんは非常にやわらかな物腰の男性で、こちらが質問すれば詳しく分かりやすくワインについて教えて下さいますが、押し付けがましくあれやこれやと語られるような方ではありません。

ワインについて無知な私たちの質問にも、ゆったりと分かりやすく答えてくださって、私たちの食いしん坊っぷりを見抜かれたのか、オーダーしていないジャムの試食までさせて頂いて、ありがとうございました(*´∀`*)

ワインバーというだけあって、さすがワインの管理が非常に行き届いており、ワイン開栓用の特殊な機械を導入されています。
栓を開ける際にワインが酸化しないように、機械の中で瓶を逆さにした状態で栓を抜き、窒素ガスを瓶の中に注入しながらワインをグラスに注いでいきます。

これで瓶の中のワインは酸化が進まないために、お客である私たちは、様々なワインをグラスで楽しむことが出来るのです!!
ちなみにこの機械、国産のちょっと良い車が買えるくらいのお値段だとか…Σ(´д`;) ワインへの素晴らしいこだわりです。
クレ・デュ・ヴァンって知ってる!?

ところで、「一人っ子の会」のメンバー3人とも初見だったのですが、上の写真左の「クレ・デュ・ヴァン」。これはどのくらいの方がご存知なのでしょうか?ワイン通には常識?

クレ・デュ・ヴァンは、「ワインの鍵」とも呼ばれるスーパー発明品なんです!!
バーの先端に特殊な合金が埋め込まれており、この合金部分をグラス内のワインに浸すことにより、1秒につき1年のエイジングが進むという優れもの!

「このワインの飲み頃って何年後なんだろう?」
「今、飲んでいるワインの2年後ってどんな味なんだろう?」
「ちょっと渋めのワイン、もうすこしまろやかにならないかな?」

というときに、クレ・デュ・ヴァンを使うとわずか数秒で数年分の熟成を進めることが出来ちゃうんです。

実際に赤で試させて頂きましたが、本当に味が変わってビックリ!
あくまでエイジングを進めるものなので、まずいワインを美味しく変えるようなものではありませんが、ちょっと若すぎるワインを開けてしまった場合などには有効ですよね。

一人っ子の会のメンバー全員が、帰宅後「クレ・デュ・ヴァン」で検索したのは言うまでもありません…欲しい。

結局、あれやこれやと3人で頼み、フード数種とワインも3杯ずつ頂いたにも関わらず、3人で13,500円。思ったよりもお安くて驚きです!

●Wine Bar ソムリエタナカ
 TEL:096-351-4424
 熊本県熊本市上通町11-6-2F
 *熊本市上通りから並木坂に入ってすぐに右手。通り沿いに2階にのぼる階段があります。
 
スポンサーサイト



【2006/07/19 23:05 】 | 二次会 | コメント(8) | トラックバック(0)
【一次会】菅乃屋 上通店
菅乃屋で豪華な夕食です

ここしばらく毎月恒例となっている「一人っ子の会」、今月は熊本では有名な馬肉専門店の「菅乃屋」です。
銀座通り、西原、上通りにそれぞれ店舗がありますが、今回は創作料理を中心に食べたかったので、上通り店に行ってきました。

今回のビールはちょっと高めのビール、キリンブラウマイスター
飲み飽きることのない味わい」にこだわった、いわゆるプレミアムビールで乾杯!
ビールはブラウマイスター!!

店内はそれぞれ個室になった座敷、窓に面したソファー席、おすし屋さんのようなカウンターがあり、同伴ぽいお客さんもちらほら…
レバ刺し、基本です。

馬肉専門店なので、どれもこれも馬づくし!
まずはやっぱり…「上レバー」と「超特選馬刺し」です。
↓の「超特選馬刺し」は…スミマセン、3,150円です!Nさん、ゴチ!!!

もうねー、これだけ霜ふってると、とろっとろですよ、とろっとろ。軽く涙ぐむくらい新鮮で美味しいです。
レバ刺しはごま油と一緒に出てきますが、深層海水(70種のミネラルを配合!)で作られた「皇帝塩」で頂きます。
お塩を直接レバ刺しにつけてからごま油につけるか、ごま油にあらかじめ塩を溶かしておくかは、個人のお好みで(´・∀・`)
超特選馬刺し。幸せ…

せっかく馬肉専門店なので、ほかであまり食べられないような鮮馬刺しを食べてみよう、ということで「フタエゴ刺し」もオーダー。
フタエゴとは、熊本の方言で「二つの脂」という意味なんだそうです。知らなかった!
内バラ部分にあたり、二つの脂にはさまれた赤身で、コリコリとした食感と程よい甘味があります。

そしてはずせないのが「馬スジの煮込み」!この日のメンバー3人は全員ホルモンの煮込みが大好きなので、こういうメニューははずせません。
フタエゴ刺しとホルモン煮込み

贅沢にもブラウマイスターをがんがんおかわりしつつ、「馬と水菜の生春巻き」と「串焼き」。
串焼きは奥から「ホルモン・心臓・ヒモ・霜降り」。串は1本からでもオーダーできますし、なにしろ全部美味しいのでオススメです。
串でも霜降りにやられました…馬の霜降りって、すごい底力ですね(*´д`*)
生春巻きと串盛り合わせ

ここ上通り店は、様々なジャンルの創作料理が数多くあり、料理の印象がとっちらかっちゃうんじゃないかな??とちょっと思っていたのですが、馬肉の味で全てを牽引する感じで、各方面に散らばる味のジャンルを馬肉の実力がぐいっと引き寄せてまとめてしまう底力。スゴイ。

これもこういうお店にはないでしょ??という感じですが「馬マリネのカルパッチョと野菜」、1,785円。お皿はなにげにノリタケです。
馬マリネのカルパッチョ

さっきはカルパッチョだったかと思えば、今度は「馬ひも朴葉焼き」。馬肉の下にオレンジを敷いて焼いてあり、甘めの柑橘の味がほのかに移った馬肉に朴葉味噌がぴったり!うっ、うま????い!

ほんでもって朴葉焼きの次は「ほほ肉のシチューと季節の野菜」。デミソースでコレがまた美味しいんだ。。。
「パンは…ないですよね?」とムリなお願いしてすみませんでした、店員さん(;´Д`) パンがあったら是非一緒に食べたい、美味しいシチューでした。
馬ひも朴葉焼きとほほ肉のシチュー

そして本日の個人的ナンバーワンヒット!「馬レバーステーキ(ペリグーソース)」。
ベリグーじゃないですよ、ペリグーですよ。

私はすっかり「ベリグーソース」だと思っていて、「ベリーグッドだからこんなに美味いのか。。。」と素人丸出しの感想を素直に持ちましたが、おうちで調べました!

ペリグーソースとは「マデラ酒にトリュフとフォアグラを加えたソース」。
トリュフとフォアグラのコンビネーションにレアレアのレバーステーキ!!! まずいわけないじゃん?????( ̄ー ̄)
いやー、馬レバーステーキ様。参りました。あなた様おいくらだったんでしょうか?
1,680円。いや、正直このお値段でアレなら安いんじゃないの!?

↓ あまりのレア具合に感動して手が震えたため、写真がブレておりましたΣ(゚д゚|||)ガーン! なので写真が小さいんですが…とにかく見事なレアっぷり!!
お隣の写真は、松茸入りの「テールスープ」です(´ー`* ))))
馬レバーステーキ様!参りました!

やっぱり握りははずせないでしょ?というわけで「特選にぎり」です。
本当は「超特選にぎり」をオーダーしたのですが、私たちが超特選馬刺しを食べたときに終わってしまったということで、残念ながらワンランク落として特選です。

いやいや、特選でもコレですよ。。。特選でも充分に美味しい!超特選だったら…考えるだけで恐ろしい…《(;´Д`)》ブルブル
特選でコレですから…超特選はどんなん!?

すでに恒例となってきた「一人っ子グルメの会」のホスト役、Nさんは実に素敵なおじさまで(ここらでちょっと持ち上げておく!)、美味しいお料理や世界の様々なお話を、本当によくご存知です。
さらにお話もすごく面白いので(ここらでさらに持ち上げておく!)、お料理と会話が同時に楽しめるこの会が、いつもいつも楽しみな私…!

素敵なおじさまであるNさんは、レディー2人にデザートを勧めることも忘れないのであった…(´ー`* ))))
デザートも手抜きなし!

デザートは「自家製ケーキとアイス」840円と、「自家製クレープアイス」525円。
「自家製ケーキとアイス」のアイスは季節感溢れるシークワーサー。どちらのデザートも美味しいですが、個人的にはクレープアイスの方がより好みでした。
ドンペリはいりまーす!

食事をしつつ、ああでもない、こうでもない、と会話をしながらメニューを眺めていたら…

メニューに「ドンペリ」と「ロマネ・コンティ」の文字が!!! ロロロロマネコンティ!!
キミたち、ちゃんと定価を表示されることもあるんだね…。これはある意味、安心して飲めるかもしれませんね(´д`)
お…おいくらですか?

本日はブラウマイスターを飲みながら上記お料理を頂いて、1人約1万円。
馬は刺身と焼くだけだと思ったら大間違い!ということを実感できるお店でした。Nさん、いつも素敵な食体験をありがとうございます( ´ ▽ ` )ノ

●菅乃屋 上通店
 熊本市城東町2-12 ライオンパーキングビル2F
 TEL:0120-82-3558
 HPはこちら
【2006/07/19 23:00 】 | 一次会 | コメント(10) | トラックバック(0)
| ホーム |