FC2ブログ
【二次会】Restaurant&Bar Zi:(ジー)
もう10年以上お世話になってます

Nさん・Yちゃんと別れて、1人で三次会(淋しそう?)。
もう10年来(というかそれ以上)お世話になっている「Restaurant&Bar Zi:(ジー)」へ。

学生時代から通っているお店って、たいてい何年か通うと飽きてきたり、自分の年代に合わなくなったりしますよね。
ところがこの店は違う!ず?っと昔から大好きなお店です( ´ ▽ ` )ノ

常連だからといってべったり馴れ合わないし、かと思うとすごく融通をきかせてくれたり。
ご飯も美味しいしお酒もたくさんあるし、なんつったって安いです。ああ、いかん…あんまり書くとお客さんが増えてしまう…!
いつ来ても落ち着く?

今回はひとりだったので、カウンターに座って、とりあえずビール!
夜のお店のわりにはスタッフの入れ替わりが少なく、いつ来ても安心感がありますね☆
1人できていらっしゃるお客さんをよく見ます。しかも、気づけば1人で来ている同士、話が盛り上がっちゃったりすることもよくあります。

だ?いぶご無沙汰していて、大晦日ぶりに伺ったらスタッフが2名増えていました。
そのうち1人がよそのお店にいたM君で、久々に会ったし、せっかくだしね、ということでシェイカーを振ってもらいました。
表面張力状態まで入れてくれてありがと?(*´▽`*)
やっぱりどこでもビールなのねん

地下にあって、お客様は若い人から年配の方まで実に幅広い年齢層。落ち着ける空間だからかも。選曲も大好き!
一次会でも二次会でも、どんな時間でも使えるのも良いんです。
少し前にリニューアルしたときにスクリーンとプロジェクターも設置したので、結婚式の二次会なんかにも使えます。

私の友人たちの多くはここで二次会か三次会をやってるんですが、今回行ったらマスターのMさんに、「お前はいつになったら嫁に行くとか?」と問われたので、「私が嫁に行くまで、ヨボヨボになってもこのお店やっててください」とお願いしてきました…orz
スクリーンも用意できます

銀座通りのCOCOストアから入って、グリーンホテルの少し手前左手に下に下りる階段があります。この階段を降りて突き当たり。

●Zi:(ジー)
 熊本市花佃町13-30
 TEL:096-359-2800
スポンサーサイト



【2006/06/27 23:15 】 | 二次会 | コメント(6) | トラックバック(0)
【二次会】Bar:Colon(バー・コロン)
Bar:Colonで二次会

熊本市の銀杏中通りにある「Bar:Colon」にて、Nさん・Yちゃんと二次会です。
もういい加減にお腹はいっぱいになっていたので、軽く飲もうか?という毎度のノリです。
お酒がずら?り

お店に入ると、どうも福の神になってしまったようで、次から次へとお客様が入ってきて、あっという間にカウンターのみの店内は満席に!

急激に忙しくなったマスターに(1人でお店をまわしているので)、「私たちのはゆっくりやってください」と声をかけると、ビールをオマケで出してくれました。(注ぐだけでOKだもんね)
シャンパングラスで飲むビールも珍しいですね(´∀`)
ビールはサービス☆

「すっぱいの下さい」といって出してもらったのは、↑の写真右の右側のカクテル。レモン1.5個分のさわやかさ・:*:・( ̄∀ ̄ )。・:*:・
左側は、バラの花の風味がついたライチのお酒を使ったカクテル。
Nさんは素敵にウィスキーを傾けていました。大人…(´ー`* ))))(って自分もいい大人)

このお店での2杯目は、作るのに時間がかかるのでたいていどこのお店でもいやがられるフローズン。
しかも私とYちゃんと別々の種類をお願いしましたので、「4時間かかります」と言われてしまいましたΣ(゚д゚|||)ガーン
新幹線並のスピードで頑張って頂いたので、通常の時間で出てきましたけど。
フローズン2種

左がマンゴー、右がストロベリー。どちらもグイグイ入る美味しさでした(゚д゚)ウマー(グイグイ飲むようなお酒じゃないですね)

お店は3時までやっていますが、マスターの調子があがってくると、カウンターのお客様にジョニ黒の振る舞い酒があります。
マスターがこれまた良いペースで飲むこと!とても明るいマスターがいらっしゃる、こぢんまりしているけどくつろげるお店です。
私が酔っ払ってます

銀座通りのCOCOストアから入って、左手にあるビルの5Fです。

●Bar:Colon(バー・コロン)
 熊本市花畑町13-29喜三遊ビル5F
 (096)356-6652
 HPはこちら
【2006/06/27 23:05 】 | 二次会 | コメント(6) | トラックバック(0)
【一次会】フランス料理 塩胡椒
フランス料理 塩胡椒

熊本が誇るフランス料理店「塩胡椒」。
唐人町にある昔ながらの町屋へ移転し、町並みに調和した和風建築のお店の中で本格派のフランス料理を頂ける、味も雰囲気も五つ星の名店です。

本日はここ半年ほど恒例となっている「ひとりっこの会」(なんじゃそりゃ)。Nさん、Yちゃんとお食事です。Nさん、いつもいつもご馳走様です、しかも美味しいものばかり(*´∀`*)

塩胡椒」には同じメンバーで冬にも来たことがあったのですが、あまりの美味しさに大感激!
「これはシーズンごとに、メニューが変わるたびに来なければ!」
ということになりまして、今回2度目の訪問です。
町並みに溶け込んだ概観です

まずは食前酒。私は「シェリー」、2人は「キール」。
海外駐在歴の長いNさんによると、シェリーをオーダーすると
「今夜は私を食べてね
という意味なんだそうです、ガ━━(゚Д゚;)━━ン!
ききき今日は全然そんな深い意味なくオーダーっすよ!

食前酒をオーダーしたところで、赤ワインもオーダー。
本日の1本目は「ブラゾン ド レヴァンジル」。
メルロの特長がよく出ており、非常にやわらかく、ほどよく溶けたタンニン。(受け売り)
ワインが持つ成熟感と新鮮さがうまく共存し、酸もきれいに残っています。(これまた受け売り)

お料理の最初は、「鶏とセロリのアミューズ」。アミューズとは、オードブルの前の軽いつきだしのことなんだそうです。

パンが運ばれてきて軽く興奮(*´д`*) パンと一緒に出てくるポークのパテが絶品で、前回も夢中で頂きました。
今回はなんとコレをおかわりした私たち(だって美味しいんだもん!)。もちろんパンも3回くらいおかわり。3人でバケット2本くらい食べたのでは…?
店員さん、軽く目が点に見えたのは私だけでしょうか…Σ(´д`;)
ワインは赤で…

お次は「ホタテとウニのジュレ」、もしくは「ハモとウニのジュレ」。
私はハモの方を頂きました。
ハモかホタテか選んで下さい

この日のマイベストディッシュだった「エスカルゴのバターソース」。
エスカルゴってこんなに美味しかったっけ!?という驚愕の美味しさで、ここでまたパンをおかわりしてしまった私たち。
グリーンのソースまできれいに頂きました(゚д゚)ウマー
エスカルゴ!

さあ「フォアグラのステーキ」です。ここのフォアグラは本当に美味しい。
今日1本目のワイン、「ブラゾン ド レヴァンジル」はこのフォアグラのためにオーダーしたんだね、というくらいピッタリのマッチングで実にに美味しい、シアワセ広がる一皿でした。

あとで3人で話したのですが、こちらのコースは出てくる順番にストーリーがあってすごく良い!
特にこのフォアグラまでの盛り上げっぷりは素晴らしいものがありました。
フォアグラ断面ショー!

目にもおいしい「オマール海老のムース」。
上に載せられたオマールの身がぼそぼそしていなくて、ぷりっぷり(*´д`*)
Yちゃんと、「オマールって桜の香りがする…よね?」と話していたら、Nさんより「しねぇだろ!」と一蹴(( ´∀`)=○)`ω゜)・;'.、
こんな連れでスミマセン、Nさん…
オマール海老は桜の香り!?

メインでは「ラムのステーキ」を前回に引き続き今回も選びましたが、ビーフかラムのいずれかを選べます。
マスタードソースが効いていて、焼き加減も絶妙でとても美味しいラム。
ワインも気づけば赤2本目に突入。(ラベルに日本語表記がなかったため、2本目のワインの名前も分からない情けない私)
ラムちゃん断面ショー

デザートを前にして「チーズ2種」。ワインを飲んでいる私たちには実に嬉しい一皿です。
添えられているパンには、木の実がたっぷり!
チーズ2種

最後のデザートはなんとこのボリューム!コーヒー・紅茶・ハーブティーのいずれかと一緒にどうぞ。
 ・アイスクリーム(カシス・ストロベリー・バニラ)
 ・コーヒー味のアイスクリームが乗ったケーキ
 ・ムースショコラ
 ・プラム煮
 ・桃のコンポート
 ・チーズケーキ

デザートもりもりです♪

ゆっくりゆっくり時間をかけて、会話とお酒も楽しみながら頂く美味しい料理は最高ですね。
伝統的な町屋という落ち着いた雰囲気の中でのお食事は、日常を忘れさせてくれる特別なひとときです。

熊本市内の繁華街ではなく、繁華街と熊本駅の中間地点にある唐人町に位置していますので、電車に乗ってわざわざ出かけなければなりませんが、そうしてまでも行きたいお店。
次の季節を楽しみにしています…(´ρ`)ジュル

この日のコースは、上記内容で8,400円。ワインは別です。
伝統的な町屋です


●フランス料理 塩胡椒
 熊本県熊本市中唐人町13
  *熊本市電の呉服町電停で降りると近いです。
 TEL 096-322-8487
 地図はこちら
【2006/06/27 23:00 】 | 一次会 | コメント(12) | トラックバック(0)
| ホーム |